電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-06-14 16:35
エージェント属性を取り入れた都市避難シミュレーション
山崎達也新潟大)・大和田泰伯浜口 清NICTICTSSL2016-16
抄録 (和) 災害への対策には避難訓練が一つの方法として有効であるが,都市の市街地における大規模な避難訓練を定期的に行うことは非常に困難である.そのため計算機上に実際の道路,建物等の地理情報データに基づいた擬似的環境を構築し,人々の避難行動を事前にシミュレーションすることが,防災計画等の立案に有用である.避難シミュレータとして避難者を自律エージェントでモデル化したマルチエージェントシステムがしばしば用いられるが,避難者数が多い都市を対象とした場合ではエージェントモデルは均質と仮定されることが多い.本稿では,より現実に即した避難シミュレーションの実現のため,人間の避難時の心理要因をエージェントに実装する.心理要因として正常性,同調性,愛他性に焦点を当て,前2者の実現のために不安度パラメータと他エージェント認知機能を導入し,愛他性の発現のためにエージェント属性を設定する.提案モデルで都市部における避難シミュレーションを行った際の避難特性を,従来の均質なモデルと比較することで明らかにする. 
(英) Building evacuation simulation provides us with various knowledge and suggestion before a real disaster happens. To date, however, evacuators were often modelled as homogeneous without individual motivation in a large-scale urban simulation model, which is rather different from real human behavior. In this paper, an evacuation simulation model with human psychological models is developed for urban disaster situation. Two psychological factors, i.e. psychological delay and emotional contagion, are incorporated by introducing the anxiety parameter and the mechanism to recognize other agents. Psychological delay is the initial evacuation delay caused by a belief that abnormal events rarely happen. Emotional contagion is the effect of one person's emotional state on the emotional state of people around him/her both explicitly and implicitly. Agent attributes are also introduces to realize another psychological factor, altruism. Simulated experimental results show that the proposed model provides accurate evacuation behaviors than the normal behavior model without psychological consideration.
キーワード (和) マルチエージェント / 心理要因 / エージェント属性 / 避難シミュレーション / / / /  
(英) Multi Agent / Psychological Factor / Agent Attribute / Evacuation Simulation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 92, ICTSSL2016-16, pp. 91-95, 2016年6月.
資料番号 ICTSSL2016-16 
発行日 2016-06-07 (ICTSSL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICTSSL2016-16

研究会情報
研究会 ICTSSL  
開催期間 2016-06-14 - 2016-06-15 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICTSSL 
会議コード 2016-06-ICTSSL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) エージェント属性を取り入れた都市避難シミュレーション 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Urban Disaster Simulation Incorporating Agent Attributes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチエージェント / Multi Agent  
キーワード(2)(和/英) 心理要因 / Psychological Factor  
キーワード(3)(和/英) エージェント属性 / Agent Attribute  
キーワード(4)(和/英) 避難シミュレーション / Evacuation Simulation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 達也 / Tatsuya Yamazaki / ヤマザキ タツヤ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大和田 泰伯 / Yasunori Owada / オオワダ ヤスノリ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 浜口 清 / Kiyoshi Hamaguchi / ハマグチ キヨシ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-06-14 16:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICTSSL 
資料番号 IEICE-ICTSSL2016-16 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.92 
ページ範囲 pp.91-95 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-ICTSSL-2016-06-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会