電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-06-13 11:00
[招待講演]高周波数帯伝搬チャネルモデルの開発動向とIEEE 802.11ayチャネルモデル
金 ミンソク佐々木重信新潟大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 10GHz以上の高周波数帯は広帯域が確保できるため第5世代移動通信において更なる高速ビットレートを実現するために注目されており,60GHz帯免許不要バンドにおいては次世代超高速無線LAN技術が盛んに研究開発されている.高周波数帯は伝搬損失が極めて大きく見通し内近距離高速通信が想定されており,既存周波数帯とは異なる伝搬チャネル特性の解明がシステムの開発と評価に必修となる.本稿では,高周波数帯における伝搬チャネルモデルの研究開発動向を解説し,新しいミリ波帯超高速無線LAN規格として現在標準化が行われているIEEE 802.11ayにおける伝搬チャネルモデルについて紹介する.最後に,屋外ホットスポットアクセスシナリオを想定して,新潟大学構内のオープンエリア行った58.5GHz帯伝搬チャネル測定結果を紹介する. 
(英) Utilizing higher frequency bands above 10 GHz is now an important technical trend in 5G mobile systems and ultra-high speed WLANs. However, free space propagation loss is significantly increasing with frequency increase which limits communication range and determine the usage cases, the radio propagation channel properties in large variety of applications should be thoroughly investigated. This paper describes the technical trends of channel model development in high frequency bands both in 5G mobile and WLAN systems, and introduces the recent mm-wave channel model described in the IEEE 802.11ay standard. Finally, the measured channel characteristics and extracted parameters in outdoor open area hotspot scenario at a mm-wave band of 58.5 GHz will be briefly introduced.
キーワード (和) ミリ波 / IEEE 802.11ay / 超高速無線LAN / 高周波数帯 / 第5世代移動通信 / / /  
(英) mm-Wave / IEEE 802.11ay / ultra-high speed WLAN / high frequency use / 5G / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 88, SRW2016-26, pp. 3-8, 2016年6月.
資料番号 SRW2016-26 
発行日 2016-06-06 (SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SRW  
開催期間 2016-06-13 - 2016-06-13 
開催地(和) NICT ワイヤレスネットワーク研究所(YRP) 
開催地(英) NICT Wireless Network Research Institute (NICT) 
テーマ(和) WLAN,WPAN,Adhoc関連技術,ミリ波通信,一般 
テーマ(英) WLAN, WPAN, Adhoc, mmWave, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SRW 
会議コード 2016-06-SRW 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 高周波数帯伝搬チャネルモデルの開発動向とIEEE 802.11ayチャネルモデル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Trend of Channel Model Development for High-frequency Use and IEEE802.11ay Channel Model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ミリ波 / mm-Wave  
キーワード(2)(和/英) IEEE 802.11ay / IEEE 802.11ay  
キーワード(3)(和/英) 超高速無線LAN / ultra-high speed WLAN  
キーワード(4)(和/英) 高周波数帯 / high frequency use  
キーワード(5)(和/英) 第5世代移動通信 / 5G  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 金 ミンソク / Minseok Kim / キム ミンソク
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 重信 / Shigenobu Sasaki / ササキ シゲノブ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-06-13 11:00:00 
発表時間 50 
申込先研究会 SRW 
資料番号 IEICE-SRW2016-26 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.88 
ページ範囲 pp.3-8 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SRW-2016-06-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会