電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-06-11 16:35
モデリング能力向上のための授業デザインの改善
上田磨歩鈴木裕利山下隆義板井陽俊中部大)・石井成郎愛知きわみ看護短大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,創造性育成を目的としたロボット製作の授業における,授業デザインの改善とその成果について報告する.著者等は,学習者の作業がハードウェアの改善に偏っていたこれまでのカリキュラムを,プログラミングスキルの向上に適切な授業デザインに変更して実践した.新たなデザインによる実践に関する分析の結果からは,学習者のプログラミングに対する理解度と意識が,旧デザインの実践に比べて向上したことが確認された. 
(英) In this paper, we report on class design improvements and their effects in classes on robot building aimed at cultivating creativity. The authors changed the curriculum, which had been biased toward the learners improving hardware, and implemented a class design better suited to improving programming skill. Analysis of the implementation of the new design confirmed that the learners’ understanding and awareness of programming improved more than through implementation of the old design.
キーワード (和) プログラミング教育 / 授業実践 / 授業評価 / モデリング / / / /  
(英) Programming education / classroom instruction / evaluation of instruction / modeling / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 85, ET2016-20, pp. 71-76, 2016年6月.
資料番号 ET2016-20 
発行日 2016-06-04 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2016-06-11 - 2016-06-11 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英) Nagoya Institute of Technology 
テーマ(和) プログラミング教育/一般 
テーマ(英) Programming Education, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2016-06-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モデリング能力向上のための授業デザインの改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A depelopement class design for a improvement modeling skill 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プログラミング教育 / Programming education  
キーワード(2)(和/英) 授業実践 / classroom instruction  
キーワード(3)(和/英) 授業評価 / evaluation of instruction  
キーワード(4)(和/英) モデリング / modeling  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 磨歩 / Maho Ueda / ウエダ マホ
第1著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 裕利 / Yuri Suzuki / スズキ ユリ
第2著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 隆義 / Yamashita Takayoshi / ヤマシタ タカヨシ
第3著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 板井 陽俊 / Itai Akitoshi / イタイ アキトシ
第4著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 成郎 / Norio Ishii / イシイ ノリオ
第5著者 所属(和/英) 愛知きわみ看護短期大学 (略称: 愛知きわみ看護短大)
(Aichi Kiwami College of Nursing (略称: Aichi Kiwami College of Nursing)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-06-11 16:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2016-20 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.85 
ページ範囲 pp.71-76 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2016-06-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会