お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-06-11 13:25
経済データ分析の授業におけるプログラミング教材の開発
吉根勝美南山大ET2016-13
抄録 (和) プログラミング教育への関心は過熱気味であるが,その目的はさまざまであり,まさに同床異夢である。筆者は,経済学部生を対象にしたデータ分析の授業で使用するために,ウェブベースのJavaScriptプログラミング環境を構築した.本稿では,この環境を利用した授業の実践をもとに,経済データ分析の教育とプログラミングの教育を融合するために開発した教材について報告する. 
(英) Computer programming education is overheated. In programming education, there is a variety of goals. For use with the class of data analysis for students belonging to the department of economics, we constructed a web-based JavaScript programming environment. In this paper, we discuss teaching materials that have been developed in order to integrate the economic data analysis education and programming education based on the practice of teaching using the programming environment.
キーワード (和) JavaScript / データ分析 / プログラミング / 教材開発 / / / /  
(英) JavaScript / Data Analysis / Computer Programming / Development of Teaching Materials / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 85, ET2016-13, pp. 31-36, 2016年6月.
資料番号 ET2016-13 
発行日 2016-06-04 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2016-13

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2016-06-11 - 2016-06-11 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英) Nagoya Institute of Technology 
テーマ(和) プログラミング教育/一般 
テーマ(英) Programming Education, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2016-06-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 経済データ分析の授業におけるプログラミング教材の開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of teaching materials for computer programming in the class of economic data analysis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) JavaScript / JavaScript  
キーワード(2)(和/英) データ分析 / Data Analysis  
キーワード(3)(和/英) プログラミング / Computer Programming  
キーワード(4)(和/英) 教材開発 / Development of Teaching Materials  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉根 勝美 / Katsumi Yoshine / ヨシネ カツミ
第1著者 所属(和/英) 南山大学 (略称: 南山大)
Nanzan University (略称: Nanzan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-06-11 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2016-13 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.85 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2016-06-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会