電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-06-10 16:10
音速と流速が場所で変化しているときのドップラー効果その2 ~ ドップラーシフト改善計算式の実証実験結果報告 ~
田中正吉日本無線/電通大)・鎌倉友男野村英之電通大
抄録 (和) 前回の報告において,音速と流速が伝搬路の場所によって変化するときのドップラーシフトの改善計算式を導出した.本稿では,このドップラーシフト改善計算式の妥当性を実証するための実験を行ったので,実験方法およびその結果を報告する.音速とドップラーシフトの間の実測結果は,改善計算式から求めた予想値とよい一致が見られた.また,前回報告において,音源周囲の音速の解釈に誤りがあったので,付録に訂正文を掲載する. 
(英) In the previous paper, the equations of Doppler shift by taking account of the sound speed and sea current that are dependent on propagation path was derived. Since the experiment to verify the derived proposed Doppler shift equation has been conducted, this paper describes the experimental method and its result. The measured data between the sound speed and Doppler shift agree well with the proposed equation. Because there was the misapprehension about the interpretation of the sound speed around the source in the previous paper, the correction is described in the Appendix.
キーワード (和) ドップラー効果 / 音速 / 流速 / ドップラーシフト改善計算式 / 実証実験 / / /  
(英) Doppler effects / Sound speed / Sea current / Proposed Doppler shift equation / Verifying experiment / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 84, US2016-28, pp. 47-52, 2016年6月.
資料番号 US2016-28 
発行日 2016-06-03 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2016-06-10 - 2016-06-10 
開催地(和) 富山大学 五福キャンパス 
開催地(英) Gofuku Campus, University of Toyama 
テーマ(和) 医用超音波,アコースティックイメージング,一般
(共催:日本超音波医学会・基礎技術研究会,日本音響学会アコースティックイメージング研究会) 
テーマ(英) Ultrasonics in Medicine, Acoustic Imaging, General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2016-06-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 音速と流速が場所で変化しているときのドップラー効果その2 
サブタイトル(和) ドップラーシフト改善計算式の実証実験結果報告 
タイトル(英) Doppler effects of when sound speed and sea current vary with propagation Part 2 
サブタイトル(英) Experimental results for verifing the derived proposed Dopller shift equation 
キーワード(1)(和/英) ドップラー効果 / Doppler effects  
キーワード(2)(和/英) 音速 / Sound speed  
キーワード(3)(和/英) 流速 / Sea current  
キーワード(4)(和/英) ドップラーシフト改善計算式 / Proposed Doppler shift equation  
キーワード(5)(和/英) 実証実験 / Verifying experiment  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 正吉 / Shokichi Tanaka / タナカ ショウキチ
第1著者 所属(和/英) 日本無線株式会社/電気通信大学 (略称: 日本無線/電通大)
Japan Radio Co.,Ltd/The University of Electo-Communications (略称: JRC/UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鎌倉 友男 / Tomoo Kamakura / カマクラ トモオ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electo-Communicatios (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 野村 英之 / Hideyuki Nomura / ノムラ ヒデユキ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electo-Communicatios (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-06-10 16:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2016-28 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.84 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-US-2016-06-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会