お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-06-10 14:15
超音波照射による軟骨中の誘発電位の検討
森 駿貴松川沙弥果坂田祥崇同志社大)・眞野 功応用電機)・高柳真司名工大)・松川真美同志社大US2016-25
抄録 (和) 超音波骨折治療法におけるメカニズム解明のため,骨の超音波誘発電位について検討する.これまで我々は骨を圧電材料とみなして超音波トランスデューサを作成し,MHz 域の超音波照射による電位出力を報告した.本報告では,皮質骨と軟骨の MHz 帯域の圧電性を実験的に調べた.具体的には,パルス超音波をトランスデューサに照射し,(軟)骨トランスデューサの受波感度特性,および出力電圧の時間変化について検討した.軟骨にはハイドロキシアパタイトが少なく,コラーゲンが多く含まれる.軟骨の圧電性はコラーゲンによるものと考えられる. 
(英) In order to understand the mechanism of ultrasonic bone healing, we have experimentally studied the ultrasonically induced electrical potential in the cartilage. In addition to the reference cortical bone transducers, we have fabricated cartilage ultrasound transducers. By irradiating ultrasound in the MHz range, the receiving sensitivity of the transducer is discussed. The main part of the cartilage is type?collagen. The results indicate that the piezoelectricity of the cartilage comes from the collagen.
キーワード (和) 超音波 / 軟骨 / 圧電現象 / / / / /  
(英) ultrasound / cartilage / piezoelectricity / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 84, US2016-25, pp. 35-38, 2016年6月.
資料番号 US2016-25 
発行日 2016-06-03 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2016-25

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2016-06-10 - 2016-06-10 
開催地(和) 富山大学 五福キャンパス 
開催地(英) Gofuku Campus, University of Toyama 
テーマ(和) 医用超音波,アコースティックイメージング,一般
(共催:日本超音波医学会・基礎技術研究会,日本音響学会アコースティックイメージング研究会) 
テーマ(英) Ultrasonics in Medicine, Acoustic Imaging, General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2016-06-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超音波照射による軟骨中の誘発電位の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Induced electric potential in cartilage by ultrasound irradiation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超音波 / ultrasound  
キーワード(2)(和/英) 軟骨 / cartilage  
キーワード(3)(和/英) 圧電現象 / piezoelectricity  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 駿貴 / Shunki Mori / モリ シュンキ
第1著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松川 沙弥果 / Sayaka Matsukawa / マツカワ サヤカ
第2著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂田 祥崇 / Yoshitaka Sakata / サカタ ヨシタカ
第3著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 眞野 功 / Isao Mano / マノ イサオ
第4著者 所属(和/英) 応用電機株式会社 (略称: 応用電機)
Oyo electric (略称: Oyo electric)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 高柳 真司 / Shinji Takayanagi / タカヤナギ シンジ
第5著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 松川 真美 / Mami Matsukawa / マツカワ マミ
第6著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-06-10 14:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2016-25 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.84 
ページ範囲 pp.35-38 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-US-2016-06-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会