電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-06-10 13:00
エコーへの応用も考えた脳卒中特化用MRIデータ圧縮 ~ CTのプリプロセスでの時間のロスを無くすために ~
岡田一秀新東京医科大ポンペイ校US2016-22
抄録 (和) 脳血管障害(脳卒中)の発症が各国で多い中,MRI検査の高速検査化は,緊急手術・治療につなげる上で,患者の生死を分ける,必達の問題である。ここで,大脳を画像化するための,プロトンの非緩和現象を同定すべき,拡散過程における・磁化強度や,実質的な問題を抽出し,CS(圧縮センシング)の面から,ウェーブレット変換(WL)を使ってのデータの量子化と,k空間のスパース行列の処理そのものの検査時間短縮寄与に関して検討する。 
(英) Recently the stroke is increased worldwide. We have to soon discover whether there is the bleeding or the infarction in the brain, by shortening the inspection time on MRI, to save the critical lives. To clear the dispersion process of Protons’ dispersion on non relaxation and its problem for looking at the affected area, and then the contribution of the quantization and the simultaneous linear function on sparse matrix as its coefficients are shown.
キーワード (和) 脳血管障害 / 緩和現象 / CS / k空間 / スパース行列 / / /  
(英) Stroke / Relaxation / Compressed Sensing / k-space / sparse matrix / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 84, US2016-22, pp. 17-22, 2016年6月.
資料番号 US2016-22 
発行日 2016-06-03 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2016-22

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2016-06-10 - 2016-06-10 
開催地(和) 富山大学 五福キャンパス 
開催地(英) Gofuku Campus, University of Toyama 
テーマ(和) 医用超音波,アコースティックイメージング,一般
(共催:日本超音波医学会・基礎技術研究会,日本音響学会アコースティックイメージング研究会) 
テーマ(英) Ultrasonics in Medicine, Acoustic Imaging, General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2016-06-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) エコーへの応用も考えた脳卒中特化用MRIデータ圧縮 
サブタイトル(和) CTのプリプロセスでの時間のロスを無くすために 
タイトル(英) Data Compression of MRI for stroke also considering the application of echo 
サブタイトル(英) To cancel the loss of the time till Pre-process of CT 
キーワード(1)(和/英) 脳血管障害 / Stroke  
キーワード(2)(和/英) 緩和現象 / Relaxation  
キーワード(3)(和/英) CS / Compressed Sensing  
キーワード(4)(和/英) k空間 / k-space  
キーワード(5)(和/英) スパース行列 / sparse matrix  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 一秀 / Kazuhide Okada /
第1著者 所属(和/英) 新東京医科大学 (略称: 新東京医科大ポンペイ校)
New Tokyo Medical College (略称: NTMC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-06-10 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2016-22 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.84 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-US-2016-06-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会