電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-06-09 12:55
流星バースト通信を用いた気象観測データ伝送実験
平阪健太岡井凜太郎亀井利久防衛大)・高崎和之若林良二都立産技高専)・高塚 徹三寺史夫北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 流星バースト通信(Meteor Burst Communication:MBC)は,即時性を必要としない小容量のデータ伝送システムに適しており,また安価で容易に構築できることから、多地点からのテレメトリシステムとしての応用が期待できる.現在,国内展開に向けて,流星バースト通信を用いたデータ伝送システムを提案し,実際にサロマ湖で観測した気象データの伝送実験を行っている.サロマ湖で観測した気象データは,流星バースト通信を用いて,防大,及び北大へ伝送し回収した.結果,97 %以上のデータを回収することができた.また,発生した通信路についても同時に観測した.サロマ湖―北大間においてはサイドローブでの通信であったが,長く持続する流星によって400 ms以上の通信路が発生すれば通信が可能であることが判明した.サロマ湖―防大間においては,本実験のプロトコルでは,250 ms以上継続した通信路が発生するとデータの伝送が可能であることが判明した. 
(英) Meteor burst communication (MBC) is suitable for small capacity data transmission system that does not require immediacy, and can be constructed inexpensive and easily, so can be expected to application as a telemetry system from the multiple point. Currently, towards the domestic deployment, We propose a data transmission system by using MBC, and are actually doing the transmission experiment of weather data that was observed in the Lake Saroma. Weather data was observed in the Lake Saroma was transferred and collected to NDA and Hokkaido Univ. by using MBC. Result, we were able to collect the 97% of the data. Moreover, we have also observed simultaneously for the communication channel that occurred. In between Saroma - Hokkaido Univ. it was the communication in the side lobe, if the 400 ms or more of the communication channel occurs by meteor that long-lasting generation it was found communication is possible. In between Saroma - NDA, in this experiment protocols, if 250 ms or more ongoing communication channel occurs it was found it is possible data transmission.
キーワード (和) 流星バースト通信 / テレメトリシステム / データ伝送 / / / / /  
(英) Meteor Burst Communication / Telemetry System / Data Transmission / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 82, AP2016-32, pp. 5-8, 2016年6月.
資料番号 AP2016-32 
発行日 2016-06-02 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2016-06-09 - 2016-06-09 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2016-06-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 流星バースト通信を用いた気象観測データ伝送実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experiment of Weather Observation Data Transmission by Using Meteor Burst Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 流星バースト通信 / Meteor Burst Communication  
キーワード(2)(和/英) テレメトリシステム / Telemetry System  
キーワード(3)(和/英) データ伝送 / Data Transmission  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平阪 健太 / Kenta Hirasaka / ヒラサカ ケンタ
第1著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: NDA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡井 凜太郎 / Rintarou Okai / オカイ リンタロウ
第2著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: NDA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀井 利久 / Toshihisa Kamei / カメイ トシヒサ
第3著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: NDA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高崎 和之 / Kazuyuki Takasaki / タカサキ カズユキ
第4著者 所属(和/英) 東京都立産業技術高等専門学校 (略称: 都立産技高専)
Tokyo Metropolitan College of Industrial Technology (略称: Tokyo Metro. C.I.T.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 若林 良二 / Ryoji Wakabayashi / ワカバヤシ リョウジ
第5著者 所属(和/英) 東京都立産業技術高等専門学校 (略称: 都立産技高専)
Tokyo Metropolitan College of Industrial Technology (略称: Tokyo Metro. C.I.T.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 高塚 徹 / Toru Takatsuka / タカツカ トオル
第6著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 三寺 史夫 / Humio Mitsudera / ミツデラ フミオ
第7著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-06-09 12:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2016-32 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.82 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2016-06-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会