お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-06-07 11:00
BGPのMis-Originationに対するOrigin Validationの有効性の評価
安藤正仁東邦大)・岡田雅之JPNIC)・金岡 晃東邦大IA2016-10 ICSS2016-10
抄録 (和) 現在、インターネットのBorder Gateway Protocol(BGP)の運用には、他のオペレータの設定ミスによってネットワークのプレフィックスが乗っ取られてしまうMis-Originationという重要な問題がある。すでにBGPのためのOrigin Validation (OV) の手法がいくつかある。これまでInternet Routing Registry(IRR)は少数のユーザーに導入されていた。より最近では、RPKIの使用はOVに有効な技術であると考えられるようになってきた。しかし、その効果を定量的かつ大規模な測定に関する研究はされていない。本論文では、BGPのOVの効果において定量的な測定方法を提案して、インターネット全体としてOrigin Validationの影響を測定した。その結果、接続リンク数上位1.56%のASにOVを導入ことで98.70%のASをMis-Originationから保護できることを示した。 
(英) Current Border Gateway Protocol (BGP) operation in the Internet has serious problem about Mis-Origination which is hijacked of own network prefixes and often caused by misconfiguration by other operators. We already have several Origin Validation (OV) techniques for BGP. So far, Internet Routing Registry (IRR) had been introduced only in a small number of users . More recently, the use of RPKI has come to be considered as the reality of the OV is a valid technique. However, quantitative and large-scale measurement study of its effect is not concerned. In this paper, quantitative measurement method of OV effect for BGP is proposed and measured OV impacts on the whole Internet. As a result, we show 1.56% of top ranked ASs can protect 98.70% ASs from mis origination.
キーワード (和) Border Gateway Protocol(BGP) / Mis-Origination / Origin Validation (OV) / Autonomous System (AS) / Internet Routing Registry (IRR) / Resource Public Key Infrastructure (RPKI) / /  
(英) Border Gateway Protocol(BGP) / Mis-Origination / Origin Validation (OV) / Autonomous System (AS) / Internet Routing Registry (IRR) / Resource Public Key Infrastructure (RPKI) / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 79, IA2016-10, pp. 51-56, 2016年6月.
資料番号 IA2016-10 
発行日 2016-05-30 (IA, ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2016-10 ICSS2016-10

研究会情報
研究会 ICSS IA  
開催期間 2016-06-06 - 2016-06-07 
開催地(和) 佐賀大学 
開催地(英) Saga University 
テーマ(和) インターネットセキュリティ、一般 
テーマ(英) Internet Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2016-06-ICSS-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) BGPのMis-Originationに対するOrigin Validationの有効性の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Measuring BGP Origin Validation Effect for Mis-Origination 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Border Gateway Protocol(BGP) / Border Gateway Protocol(BGP)  
キーワード(2)(和/英) Mis-Origination / Mis-Origination  
キーワード(3)(和/英) Origin Validation (OV) / Origin Validation (OV)  
キーワード(4)(和/英) Autonomous System (AS) / Autonomous System (AS)  
キーワード(5)(和/英) Internet Routing Registry (IRR) / Internet Routing Registry (IRR)  
キーワード(6)(和/英) Resource Public Key Infrastructure (RPKI) / Resource Public Key Infrastructure (RPKI)  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 安藤 正仁 / Masahito Ando / アンドウ マサヒト
第1著者 所属(和/英) 東邦大学 (略称: 東邦大)
Toho University (略称: Toho Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 雅之 / Masayuki Okada / オカダ マサユキ
第2著者 所属(和/英) 日本ネットワークインフォメーションセンター (略称: JPNIC)
Japan Network Information Center (略称: JPNIC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 金岡 晃 / Akira Kanaoka / カナオカ アキラ
第3著者 所属(和/英) 東邦大学 (略称: 東邦大)
Toho University (略称: Toho Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-06-07 11:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2016-10,IEICE-ICSS2016-10 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.79(IA), no.80(ICSS) 
ページ範囲 pp.51-56 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IA-2016-05-30,IEICE-ICSS-2016-05-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会