お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-06-06 15:40
無線LANにおける信号強度を用いた鍵交換技術の検討
玉樹成章川田丈浩NTTIA2016-4 ICSS2016-4
抄録 (和) IEE802.11 無線LAN において,通信端末間の暗号化鍵共有プロセスの改良を行い,盗聴による鍵解読の脅威を防止する技術を提案する.無線LAN ではWPA/WPA2-PSK 等の暗号化方式が広く利用されているが,PSKのような事前鍵共有方式は導入が容易である一方で,通信端末間の暗号化鍵の共有の一部が平文で行われるため,攻撃者による盗聴および鍵解読を受ける可能性が存在する.鍵共有技術のうち,攻撃者に傍受される危険性が少ないものに無線通信における電波伝搬路の対象性を用いる技術が存在する.しかし,この技術には鍵共有に時間が掛かり,かつ攻撃者による鍵生成プロセスに対する妨害を容易に行うことができるという問題がある.本稿では,無線LAN にお
ける4-way handshake と呼ばれる鍵共有プロセスの改良を提案する.提案手法では,受信信号スペクトルの波形から鍵生成を行うことで,従来手法と比較して鍵生成速度の向上を達成した.加えて,受信信号から生成される鍵と事前共有鍵の情報を組み合わせることで,攻撃者による鍵生成の妨害への耐性を持たせるアルゴリズムを新たに提案する. 
(英) We propose the countermeasure technique to prevent key decipher, and improve the key-exchange protocol of IEEE 802.11 Wireless LAN. In Wireless LAN, WPA/WPA2-PSK is widly used although attackers can decipher the encryption key by capturing the process of the key generation. Our technique improves 4-way handshake that is the key generation process in Wireless LAN. Now we can generate sectret key about 2000 times rster than conventional approatch. In addition, we conbine bit strings made by recieved singnal strength and pre-shared key information to generate the encryption key. Then the encrypition key acquires tolerability to RF jamming.
キーワード (和) 無線LAN セキュリティ / 電波伝搬 / 秘密鍵共有 / 認証 / / / /  
(英) wireless LAN security / radio propagation / sharing secret key / authentication / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 80, ICSS2016-4, pp. 19-24, 2016年6月.
資料番号 ICSS2016-4 
発行日 2016-05-30 (IA, ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2016-4 ICSS2016-4

研究会情報
研究会 ICSS IA  
開催期間 2016-06-06 - 2016-06-07 
開催地(和) 佐賀大学 
開催地(英) Saga University 
テーマ(和) インターネットセキュリティ、一般 
テーマ(英) Internet Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICSS 
会議コード 2016-06-ICSS-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線LANにおける信号強度を用いた鍵交換技術の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Using Signal Strength to Improve the Key-Exchange Protocol in Wireless LAN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN セキュリティ / wireless LAN security  
キーワード(2)(和/英) 電波伝搬 / radio propagation  
キーワード(3)(和/英) 秘密鍵共有 / sharing secret key  
キーワード(4)(和/英) 認証 / authentication  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 玉樹 成章 / Nariaki Tamaki / タマキ ナリアキ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川田 丈浩 / Takehiro Kawata / カワタ タケヒロ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-06-06 15:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICSS 
資料番号 IEICE-IA2016-4,IEICE-ICSS2016-4 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.79(IA), no.80(ICSS) 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IA-2016-05-30,IEICE-ICSS-2016-05-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会