電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-06-03 13:55
Double-LCCを用いた走行中ワイヤレス電力伝送の基礎実験
竹内琢磨小林大太居村岳広堀 洋一東大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 走行中の電気自動車に対してワイヤレス電力伝送を行うことで車載バッテリー容量の削減と航続距離の延長が期待できる.この走行中ワイヤレス電力伝送の実現のために,送電を行う一次側と受電する二次側を一つのシステムとみなしたシステム構成の検討が行われてきた.本稿では,一次側と二次側それぞれの共振回路にLCCを適用したDouble-LCCと従来のSSを用いる構成との特性比較を行う.主にそれぞれの相互インダクタンスに対する特性の変化について検討を行い,Double-LCCに関しては基礎実験を行うことでその特性を実証する. 
(英) Dynamic Wireless Power Transfer (D-WPT) is one of the most promising research object for improving driving range of Electric Vehicles (EVs). To realize D-WPT, system configuration of D-WPT has been investigated. In this research, we conduct characteristics comparison between SS topology to Double LCC topology. We conduct fundamental experiment on a system using Double-LCC topology and verify its characteristics.
キーワード (和) 走行中ワイヤレス電力伝送 / 磁界共振結合 / SS topology / Double-LCC topology / / / /  
(英) Dynamic Wireless Power Transfer / Magnetic Resonance Coupling / SS topology / Double-LCC topology / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 74, WPT2016-10, pp. 5-10, 2016年6月.
資料番号 WPT2016-10 
発行日 2016-05-27 (WPT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WPT  
開催期間 2016-06-03 - 2016-06-03 
開催地(和) 東京大学 
開催地(英) Tokyo University 
テーマ(和) 無線電力伝送技術と電気自動車 
テーマ(英) Technology of Wireless Power Transfer & Electric Vehicle 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WPT 
会議コード 2016-06-WPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Double-LCCを用いた走行中ワイヤレス電力伝送の基礎実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fundamental Experiment on Dynamic Wireless Power Transfer Using Double-LCC 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 走行中ワイヤレス電力伝送 / Dynamic Wireless Power Transfer  
キーワード(2)(和/英) 磁界共振結合 / Magnetic Resonance Coupling  
キーワード(3)(和/英) SS topology / SS topology  
キーワード(4)(和/英) Double-LCC topology / Double-LCC topology  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 琢磨 / Takuma Takeuchi / コバヤシ ダイタ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 大太 / Daita Kobayashi / イムラ タケヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 居村 岳広 / Takehiro Imura / ホリ ヨウイチ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀 洋一 / Yoichi Hori /
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-06-03 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WPT 
資料番号 IEICE-WPT2016-10 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.74 
ページ範囲 pp.5-10 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WPT-2016-05-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会