お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-05-28 13:25
オーバタイム後N回目のプロジェクト終了時に取替をもつオーバタイム取替方策
水谷聡志愛知工科大)・中川覃夫愛知工大R2016-2
抄録 (和) 本研究では,オーバタイム取替方策の拡張モデルとして,時刻$T$を経過した後,$N$回目のプロジェクトが完了した時点で取替保全を実施するモデルを考える.取替保全の対象として,ソフトウェア開発などのプロジェクトで使用する作業設備を想定する.プロジェクトは完了すると直ちに次のプロジェクトに取り掛かる.各プロジェクトの完了に要する時間は確率分布で与えられ,事前に完了する時刻を予測することはできないとする.また,プロジェクトの実施期間中には作業設備の取替保全を実施しないとする.とくに,(1) 故障が発生したならば即座に取替保全実施するモデル,(2) 故障が発生したならば小修理を実施するモデルの二つを考える.これらのモデルに対して,取替までの期待時間,単位時間当りの期待費用を導出する.とくに,プロジェクトの時間分布が指数分布に従うとき,単位時間当りの期待費用を最小にする最適な$T^*$と$N^*$について解析的に議論する.さらに,
故障がワイブル分布に従うとき,数値例を挙げて種々議論する. 
(英) This paper proposes extended models for maintenance overtime policy. We assume that the unit is replaced at $N$th ($N=1,2,dots$) completion of the project cycles over the planned time $T$. When one project work is completed, we start another project work immediately. The unit is used in some project cycles such as software development, and have an identical time distribution. We cannot, therefore, predict in advance the times of completion of any projects. Especially, we treat following two models: (1) if the unit failed then it is replaced immediately, (2) if the unit failed then minimal repair is done. We obtain the mean time to replacement, and the expected costs rate. Further, we discuss the optimal planned time $T$ and the optimal number of $N$ which minimize the expected cost rate when the project time is exponential. Numerical examples are given when the failure time has a Weibull distribution.
キーワード (和) 最適取替方策 / オーバタイム方策 / プロジェクト時間分布 / 小修理 / / / /  
(英) Optimal Replacement Policy / Overtime Policy / Project Time Distribution / Working time / Minimal Repair / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 69, R2016-2, pp. 7-12, 2016年5月.
資料番号 R2016-2 
発行日 2016-05-21 (R) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード R2016-2

研究会情報
研究会 R  
開催期間 2016-05-28 - 2016-05-28 
開催地(和) ウインクあいち 
開催地(英) WINC AICHI 
テーマ(和) ソフトウェアの信頼性,信頼性一般 
テーマ(英) Software Reliability, Overall reliability engineering 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 R 
会議コード 2016-05-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) オーバタイム後N回目のプロジェクト終了時に取替をもつオーバタイム取替方策 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Maintenance Overtime Poclicies with replacement at N project cycles over a planned time 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 最適取替方策 / Optimal Replacement Policy  
キーワード(2)(和/英) オーバタイム方策 / Overtime Policy  
キーワード(3)(和/英) プロジェクト時間分布 / Project Time Distribution  
キーワード(4)(和/英) 小修理 / Working time  
キーワード(5)(和/英) / Minimal Repair  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 水谷 聡志 / Satoshi Mizutani / ミズタニ サトシ
第1著者 所属(和/英) 愛知工科大学 (略称: 愛知工科大)
Aichi University of Technology (略称: AUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 覃夫 / Toshio Nakagwa / ナカガワ トシオ
第2著者 所属(和/英) 愛知工業大学 (略称: 愛知工大)
Aichi Insitute of Technology (略称: AIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-05-28 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 R 
資料番号 IEICE-R2016-2 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.69 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-R-2016-05-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会