電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-05-27 13:40
Multi-view 3D CG Image Quality Assessment by Using S-CIELAB Color Space Including Visible Digital Watermarking by Regions in case the Background Region is Gray Scale
Norifumi KawabataMasaru MiyaoNagoya Univ.
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 我々は今までに,画像領域別に可視型電子透かしを考慮した多視点3DCG画像の品質評価について研究を行い,画像領域別の透かしと符号化画質に相互関係があることを明らかにした.しかしながら,背景領域がカラーまたはグレースケールであるかによって,画像領域別の透かしと符号化画質に関係があるかは明らかではない.一方,画像の背景領域にグレースケールを用いることで,意図的に物体領域に着目させることが可能になる.それゆえに,グレースケール背景の場合に,画像領域別に透かしを考慮した多視点3DCG画像の品質評価を行い,画像領域別の透かし,符号化画質の関係を明らかにする必要がある.本稿では,画像領域別に可視型電子透かしを考慮したグレースケール背景を含む多視点3DCG画像に対して,主観評価実験を行い,その結果を分析し,サポートベクターマシンを用いて,画像領域,符号化画質に関して,評定値の分類を行った.また,S-CIELAB色空間で輝度,CIEDE2000で色差を測ることで,客観評価を行い,主観評価との比較を行った. 
(英) Previously, we studied about multi-view 3D CG image quality evaluation including visible digital watermarking by regions. As a result, it becomes clear that there was the mutual relationship between the watermarking by regions and the coded image quality for the multi-view 3D image. However, it is not clear that there is the relation between two focus points whether background region is color or gray scale. On the other hand, it is possible for assessors to focus on the object mutually by using gray scale for the background region of an image. Therefore, in case the background region is gray scale, we need to clear the relation among the gray scale background, the watermarking by regions, and the coded image quality by evaluating for the multi-view 3D CG image quality including the watermarking by regions. In this paper, first, we carried out the subjective quality assessment of 3D CG images including visible digital watermarking by regions with 8 viewpoints parallax barrier method. From results, we analyzed and classified the evaluation values statistically for the image region and the coded image quality by Support Vector Machine (SVM). On the other hand, we measured the luminance for the generated images by using S-CIELAB color space, and we also measured the color difference by using CIEDE2000. We carried out the objective assessments by these measurements, and compared to subjective assessment mutually.
キーワード (和) H.265/HEVC / グレースケール背景 / DSIS法 / サポートベクターマシン / S-CIELAB色空間 / CIEDE2000 / /  
(英) H.265/HEVC / Gray Scale Background / Double Stimulus Impairment Scale (DSIS) / Support Vector Machine (SVM) / S-CIELAB Color Space / CIEDE2000 / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 68, IMQ2016-1, pp. 1-6, 2016年5月.
資料番号 IMQ2016-1 
発行日 2016-05-20 (IMQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IMQ  
開催期間 2016-05-27 - 2016-05-27 
開催地(和) 千葉大学 
開催地(英) Chiba Univ. 
テーマ(和) イメージ・メディア・クオリティと一般 
テーマ(英) Image Media Quality, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IMQ 
会議コード 2016-05-IMQ 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multi-view 3D CG Image Quality Assessment by Using S-CIELAB Color Space Including Visible Digital Watermarking by Regions in case the Background Region is Gray Scale 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) H.265/HEVC / H.265/HEVC  
キーワード(2)(和/英) グレースケール背景 / Gray Scale Background  
キーワード(3)(和/英) DSIS法 / Double Stimulus Impairment Scale (DSIS)  
キーワード(4)(和/英) サポートベクターマシン / Support Vector Machine (SVM)  
キーワード(5)(和/英) S-CIELAB色空間 / S-CIELAB Color Space  
キーワード(6)(和/英) CIEDE2000 / CIEDE2000  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 河畑 則文 / Norifumi Kawabata / カワバタ ノリフミ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮尾 克 / Masaru Miyao / ミヤオ マサル
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-05-27 13:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IMQ 
資料番号 IEICE-IMQ2016-1 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.68 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IMQ-2016-05-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会