電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-05-24 16:35
車載ネットワークにおけるHomePlug AV2の実験的評価
川西彬史梅原大祐若杉耕一郎京都工繊大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 車載アプリケーションの多様化及び高機能化に伴い,車載ネットワークの伝送速度の向上が期待されている.しかしながら,2値パルス伝送の高速化及び大容量化には,配線や通信機器の増加に伴うネットワークの複雑化が問題となる.車載ネットワークの主流である,伝送媒体を共有する簡素なバス型ネットワークにおいて高速化及び大容量化を実現可能な有線の通信方式として,マルチキャリア伝送による電力線通信(Power Line Communication, PLC)の一つであるHomeplug~AV2方式に着目する.本稿では,多数の分岐を有する車載ネットワークバスとして,波形劣化を軽減可能な終端バスと受信電力低下を軽減可能な非終端バスを評価する.終端バスと非終端バスの双方に対して,HomePlug AV2方式を実装したPLCアダプタの伝送特性を実験により明らかにする. 
(英) With making in-vehicle applications diverse and high functional, it is required to enhance the data rate in-vehicle networks. However, the networks should be complicated due to additional wiring and communication devices to make the data rate higher and the node capacity larger for binary pulse transmission. We focus on HomePlug~AV2 which is one of power line communication~(PLC) standards using multi-carrier transmission to achieve higher data rate and larger node capacity without modifying the simple bus network shared by a transmit. In this manuscript, we investigate two kinds of in-vehicle bus networks;one is terminating bus to mitigate the waveform distortion, the other is non-terminating bus to mitigate the received signal energy reduction. We show the transmit characteristics of PLC adapters with HomePlug~AV2 for both terminating and non-terminating buses.
キーワード (和) 車載ネットワーク / 終端バス / 非終端バス / マルチキャリア伝送 / 電力線通信 / HomePlug AV2 / 伝送実験 / スループット  
(英) in-vehicle networks / terminating bus / non-terminating bus / multi-carrier transmission / power line communication / HomePlug AV2 / transmission experiment / throughput  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 62, CQ2016-23, pp. 61-65, 2016年5月.
資料番号 CQ2016-23 
発行日 2016-05-17 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2016-05-24 - 2016-05-25 
開催地(和) 九州大学 
開催地(英) Kyushu University 
テーマ(和) 無線伝送効率,無線伝送品質,MIMO・ダイバーシチ・マルチプレキシング, 無線リソース割当,クロスレイヤ技術,一般 
テーマ(英) Efficiency of Wireless Communications, Wireless Communication Quality, MIMO/Diversity/Multiplexing Techniques, Radio Resource Management, Cross-Layer Techniques, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2016-05-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 車載ネットワークにおけるHomePlug AV2の実験的評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Evaluation of HomePlug AV2 for In-vehicle Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 車載ネットワーク / in-vehicle networks  
キーワード(2)(和/英) 終端バス / terminating bus  
キーワード(3)(和/英) 非終端バス / non-terminating bus  
キーワード(4)(和/英) マルチキャリア伝送 / multi-carrier transmission  
キーワード(5)(和/英) 電力線通信 / power line communication  
キーワード(6)(和/英) HomePlug AV2 / HomePlug AV2  
キーワード(7)(和/英) 伝送実験 / transmission experiment  
キーワード(8)(和/英) スループット / throughput  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川西 彬史 / Akifumi Kawanishi / カワニシ アキフミ
第1著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅原 大祐 / Daisuke Umehara / ウメハラ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 若杉 耕一郎 / Koichiro Wakasugi / ワカスギ コウイチロウ
第3著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-05-24 16:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2016-23 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.62 
ページ範囲 pp.61-65 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-CQ-2016-05-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会