お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-05-20 13:50
センダスト粒子をポリスチレンに分散させた複合二層型電磁波吸収体の吸収特性の評価に関する研究
梅本成貴久保田 匠吉田隆彦佐藤祐喜吉門進三同志社大MW2016-23 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2016-23
抄録 (和) 近年, 無線通信技術の発展により 数 GHz以上の周波数領域で使用可能な電磁波吸収体が必要とされている。従来までの研究で, 軟磁性材料のセンダスト(Fe85%-Si10%-Al5%)をポリチレン樹脂に分散させた複合体は高周波領域で広帯域な吸収特性を示すことが報告されている。最も広帯域化が実現できたのは,平均粒径3.5μmセンダストの体積混合率20.0vol%付近の複合体で, 吸収中心周波数8 GHz付近で規格化-20dB 吸収帯域幅はおよそ29%であった。これは, 市販の吸収体(約 10%)と比べて極めて広帯域なものであった。センダストをポリチレン樹脂に分散させた複合電磁波吸収体を実用化するためには更なる広帯域化などの高性能化が必要となる。以上のことから、本研究では電磁波吸収帯域の広帯域化に着目して, 二層型電磁波吸収体を2.5GHz-18GHz の周波数範囲で設計し評価を行った。複合体の複素比透磁率μr*と複素比誘電率εr*の値から二層型電磁波吸収体の設計を行いリターンロスの周波数特性を計算した。その条件で試料を作製し測定値と計算値の比較を行った結果、傾向の一致が確認できた。 
(英) The development of an electromagnetic wave absorber suitable for these new devices is required, especially at frequencies above several GHz. In the previous study, we have reported that the composite made of sendust (Fe-Si-Al) and polystyrene resin can be used as an broadband absorber at frequencies above several GHz. To broaden the absorption frequency bandwidth, it is important to ascertain that the non- reflective condition is satisfied in the desired frequency range when designing an absorber. The maximum normalized −20 dB absorption bandwidth for the composite containing the spherical sendust particles with average 3.5-μm particle size was approximately 29% for V ≈ 20 vol%, which is much larger than that of a commercially available absorber (less than approximately 10%)..In order to commercialize the composites made of sendust particle dispersed in polystyrene resin, it is necessary to improved absorption bandwidth. In this study, to improve the absorption frequency bandwidth, the two-layered electromagnetic wave absorber is designed in the frequency range up to 2.5-18GHz. Frequency characteristics of the return loss were calculated from the value of the complex relative permeability μr * and the complex relative permittivity εr *.A comparison was made of the actual measured value and the calculated value . As a result , consistent trend was confirmed .
キーワード (和) 電磁波吸収体 / センダスト粒子 / リターンロス / / / / /  
(英) Electromagnetic Wave Absorber / Sendust particle / Return Loss / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 51, MW2016-23, pp. 67-71, 2016年5月.
資料番号 MW2016-23 
発行日 2016-05-12 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2016-23 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2016-23

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2016-05-19 - 2016-05-20 
開催地(和) 京都大学 宇治キャンパス 
開催地(英) Kyoto Univ. 
テーマ(和) マイクロ波一般 
テーマ(英) Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2016-05-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) センダスト粒子をポリスチレンに分散させた複合二層型電磁波吸収体の吸収特性の評価に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Evaluation of Composite Electromagnetic Wave Absorbers with Two-layers Structure made of Sendust Partcle Dispersed in Polystyrene Resin 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電磁波吸収体 / Electromagnetic Wave Absorber  
キーワード(2)(和/英) センダスト粒子 / Sendust particle  
キーワード(3)(和/英) リターンロス / Return Loss  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅本 成貴 / Seiki Umemoto / ウメモト セイキ
第1著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保田 匠 / Takumi Kubota / クボタ タクミ
第2著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 隆彦 / Takahiko Yoshida / ヨシダ タカヒコ
第3著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 祐喜 / Yuki Satou / サトウ ユウキ
第4著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉門 進三 / Shinzo Yoshikado / ヨシカド シンゾウ
第5著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-05-20 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2016-23 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.51 
ページ範囲 pp.67-71 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MW-2016-05-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会