お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-05-20 11:45
信頼性/保守性向上を目指した衛星通信基地局用高出力送信機の検討
鈴木義規須崎皓平山中勝彦山下史洋小林 聖NTTSAT2016-9
抄録 (和) 離島や被災地などのディジタルディバイド領域に回線を敷設するために使用される衛星通信システムおける基地局は,数多くの回線を収容するため大型アンテナと高出力送信機を備えることが一般的である.特に高出力送信機に関しては,要求出力に対応するためTWTAの使用が一般的であったが,近年のSSPAの性能向上と保守運用性の観点から,置き換えの要求が高まりつつある.本報告は,SSPAを用いた送信機構成において信頼性向上をはかり,且つ,単体SSPAで不足する出力を損失なく合成する動的校正技術を提案する.また,実験により本提案技術を検証した結果を述べる. 
(英) Base stations for between remote island satellite communication systems and disaster recovery satellite communication systems are generally required large aperture antenna and high transmission power to have a large number of line. In particular, the uses of TWTA were common to satisfy a high power transmission. SSPA’s output power improvement in the recent years and the easily its operation, requests of replacement from TWTA to SSPA are growing. This paper clarifies high-power transmitter configuration to improve reliability. As a replacement study to SSPA from TWTA, the issue of insufficient SSPA output power is solved to combine some SSPAs output with the dynamic calibration technique to minimize the synthesis loss. Fundamental experimental verification results of the dynamic calibration technique are also described.
キーワード (和) 衛星通信 / 基地局 / 高出力送信機 / 電力合成技術 / / / /  
(英) Satellite communication / Base station / High-power transmitter / Power combine technique / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 41, SAT2016-9, pp. 47-52, 2016年5月.
資料番号 SAT2016-9 
発行日 2016-05-12 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SAT2016-9

研究会情報
研究会 SAT WBS  
開催期間 2016-05-19 - 2016-05-20 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英) Nagoya Institute of Technology 
テーマ(和) 符号化,変復調・信号処理技術及び一般 
テーマ(英) Coding, Modulation, Signal Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2016-05-SAT-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 信頼性/保守性向上を目指した衛星通信基地局用高出力送信機の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study of high power base-station transmitters with higher reliability/maintainability for satellite communication systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 衛星通信 / Satellite communication  
キーワード(2)(和/英) 基地局 / Base station  
キーワード(3)(和/英) 高出力送信機 / High-power transmitter  
キーワード(4)(和/英) 電力合成技術 / Power combine technique  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 義規 / Yoshinori Suzuki / スズキ ヨシノリ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 須崎 皓平 / Kouhei Suzaki / スザキ コウヘイ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山中 勝彦 / Katsuhiko Yamanaka / ヤマナカ カツヒコ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 史洋 / Fumihiro Yamashita / ヤマシタ フミヒロ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 聖 / Kiyoshi Kobayashi / コバヤシ キヨシ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-05-20 11:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SAT2016-9 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.41 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SAT-2016-05-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会