電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-05-20 10:45
マルチスタティック配置した超広帯域無線センサを用いた動体位置推定法の一検討
中村僚兵葉玉寿弥防衛大WBS2016-10
抄録 (和) 近年,人々の安全・安心な社会の実現への要求が高まっており,高齢者の見守りや侵入者検知などを目的として対象(動体)の距離や挙動を高精度に監視する超広帯域無線(UWB)技術を用いた電波センサシステムが注目されている.これまでに提案されているUWBセンサでは一般的にモノスタティック配置した送受信アンテナを設置することでセンサに対する動体の距離やその挙動を推定することができる.しかしながら,UWBセンサが推定する動体の距離情報のみでは,監視したい領域とともに例えば屋内と屋外が含まれるような曖昧な領域が生じる場合がある.従って,動体が屋内外のどちらにいるのか判断が難しく,誤警報の要因の一つとなる.任意の監視領域を形成するためには動体の位置が推定できればよい.そこで,本稿では従来のモノスタティック配置した送受信アンテナに加えて,複数の無指向性受信アンテナを異なる場所に配置することで(マルチスタティック),動体の距離だけでなくその2次元位置を推定する手法を提案し,その基礎的な位置推定特性を計算機シミュレーションにより検討した結果について報告する. 
(英) The ultra-wideband (UWB) radio sensor systems which can accurately detect a distance and behavior of a moving object are recently attracted considerable attention for various applications such as elderly care monitoring and intruder detection. The UWB radio sensor can generally estimate the distance information and the motion information by using a monostatic-placed antenna. With the sensor, it is impossible to identify an accurate position (e.g. indoor and outdoor) of an object, because the sensor measures only the distance between the antenna and the object. In this paper, we propose a moving object positioning method based on UWB sensor using multi-static placed antennas. The method can estimate not only a distance and a motion of the moving object but also a position of the moving object. We also investigate the fundamental positioning characteristics by computer simulations and discuss the effectiveness of our proposal.
キーワード (和) 超広帯域無線 / 電波センサ / 動体監視 / マルチスタティック / 位置推定 / / /  
(英) Ultra-wideband radio / sensor / moving object detection / multi-static / positioning / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 40, WBS2016-10, pp. 53-58, 2016年5月.
資料番号 WBS2016-10 
発行日 2016-05-12 (WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2016-10

研究会情報
研究会 SAT WBS  
開催期間 2016-05-19 - 2016-05-20 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英) Nagoya Institute of Technology 
テーマ(和) 符号化,変復調・信号処理技術及び一般 
テーマ(英) Coding, Modulation, Signal Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2016-05-SAT-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチスタティック配置した超広帯域無線センサを用いた動体位置推定法の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Moving Object Positioning Method using Multi-static Ultra-wideband Sensor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超広帯域無線 / Ultra-wideband radio  
キーワード(2)(和/英) 電波センサ / sensor  
キーワード(3)(和/英) 動体監視 / moving object detection  
キーワード(4)(和/英) マルチスタティック / multi-static  
キーワード(5)(和/英) 位置推定 / positioning  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 僚兵 / Ryohei Nakamura / ナカムラ リョウヘイ
第1著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: National Defense Academy)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 葉玉 寿弥 / Hisaya Hadama / ハダマ ヒサヤ
第2著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: National Defense Academy)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-05-20 10:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-WBS2016-10 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.40 
ページ範囲 pp.53-58 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WBS-2016-05-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会