電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-05-19 14:00
肩甲部における骨格筋モデル構築のための解剖学的付着位置の自動認識
潟渕達也岐阜大)・神谷直希愛知県立大)・周 向栄岐阜大)・加藤博基岐阜大医学部附属病院)・東 華岳産業医科大)・神谷あすみ東名古屋病院)・村松千左子原 武史松尾政之藤田広志岐阜大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) CT画像上における骨格筋の自動認識手法の一つとして,骨格筋モデルを構築し,モデルを用いた自動認識手法の有効性が示されている.骨格筋のモデルを適切に利用するには,各骨格筋の解剖学的付着位置である起始・停止の認識が重要である.肩甲部においては,我々が既に取り組んだ棘上筋をはじめとして,多くの骨格筋が肩甲骨に付着する.また,肩甲骨は多くの解剖学的特徴を有するが,その形状は複雑である.本研究では,肩甲部における骨格筋の起始・停止部位である解剖学的付着位置の自動認識を行う.13症例の体幹部CT画像より自動認識した肩甲骨を用いて,肩甲棘,烏口突起,上縁,内側縁,上角の自動認識を実現した.今後は認識成功率の高い上角や内側縁を用い,骨格筋認識への応用を目指す. 
(英) The effectiveness of automated recognition method using the skeletal muscle model has been demonstrated, as one of the automated recognition methods of skeletal muscles in the CT images. It is important to recognize anatomical attachment locations of skeletal muscles in order to use the skeletal muscle model. In the scapular region, many skeletal muscles including the supraspinatus muscle which we have already recognized are attached to the scapula. Scapula has many anatomical features, and its shape is complicated. In this study, we achieved automatic recognition of spine of scapula, coracoid process, superior margin, medial margin and superior angle by using scapula of 13 cases which were segmented from CT images. In the future, we will apply the anatomical features with high recognition rates in the skeletal muscle recognition.
キーワード (和) 肩甲部 / 解剖学的付着位置 / 骨格筋 / CAD / 体幹部CT画像 / / /  
(英) Scapular Region / Anatomical Attachment Location / Skeletal Muscle / CAD / Torso CT Image / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 39, MI2016-6, pp. 27-30, 2016年5月.
資料番号 MI2016-6 
発行日 2016-05-12 (SIP, IE, PRMU, MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU IE MI SIP  
開催期間 2016-05-19 - 2016-05-20 
開催地(和) 名古屋大学 
開催地(英)  
テーマ(和) ヘルスケア・診断・治療のための信号・画像解析 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2016-05-PRMU-IE-MI-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 肩甲部における骨格筋モデル構築のための解剖学的付着位置の自動認識 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Automated Recognition of the Anatomical Attachment Location for Constructing the Skeletal Muscle Model in the Scapular Region 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 肩甲部 / Scapular Region  
キーワード(2)(和/英) 解剖学的付着位置 / Anatomical Attachment Location  
キーワード(3)(和/英) 骨格筋 / Skeletal Muscle  
キーワード(4)(和/英) CAD / CAD  
キーワード(5)(和/英) 体幹部CT画像 / Torso CT Image  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 潟渕 達也 / Tatsuya Katafuchi / カタフチ タツヤ
第1著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 神谷 直希 / Naoki Kamiya / カミヤ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Pref. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 周 向栄 / Xiangrong Zhou / シュウ コウエイ
第3著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 博基 / Hiroki kato / カトウ ヒロキ
第4著者 所属(和/英) 岐阜大学医学部附属病院 (略称: 岐阜大医学部附属病院)
Gifu University Hospital (略称: Gifu Univ. Hosp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 東 華岳 / Huayue Chen / アズマ カガク
第5著者 所属(和/英) 産業医科大学 (略称: 産業医科大)
University of Occupational and Environmental Health (略称: Univ. of Occupational and Environmental Health)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 神谷 あすみ / Asumi Kamiya / カミヤ アスミ
第6著者 所属(和/英) 国立病院機構東名古屋病院 (略称: 東名古屋病院)
Higashi Nagoya National Hospital (略称: Higashi Nagoya Hosp.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 村松 千左子 / Chisako Muramatsu / ムラマツ チサコ
第7著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 武史 / Takeshi Hara / ハラ タケシ
第8著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 松尾 政之 / Masayuki Matsuo / マツオ マサユキ
第9著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 広志 / Hiroshi Fujita / フジタ ヒロシ
第10著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-05-19 14:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-SIP2016-6,IEICE-IE2016-6,IEICE-PRMU2016-6,IEICE-MI2016-6 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.36(SIP), no.37(IE), no.38(PRMU), no.39(MI) 
ページ範囲 pp.27-30 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SIP-2016-05-12,IEICE-IE-2016-05-12,IEICE-PRMU-2016-05-12,IEICE-MI-2016-05-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会