電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-05-19 17:35
[招待講演]「コネクティッドビークル」の米国動向 ~ V2XからX2Xへ ~
大西洋文Alpine Electronics Research of America
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 現在、米国は、官民共同で、「(IEEE-802.11p標準を用いた)コネクティッドビークル」実用化を目指している。本発表は、そのアプリケーション、標準、法制、テスト/認証の動向に加え、米国政府(連邦運輸省)主導の研究プロジェクトを紹介する。さらに、「コネクティッドビークル」に関連する「WiFi機器とコネクティッドビークルの無線スペクトラム共有」や「LTEによるコネクティッドビークル実現アプローチ」の動向も、紹介する。最後に、道路交通を超え、コミュニティ全体のために、ICT (Information Communication Technologies) 活用を目指す、最近の連邦運輸省のアプローチを紹介する。 
(英) Currently, the US government and industries are making efforts to deploy "Connected Vehicle" based on the IEEE-802.11p standard. First, we introduce applications, standards, legislation activities, and testing/certification related to "Connected Vehicle", as well as research projects sponsored by the government (mainly the US Department of Transportation). Furthermore, we introduce the related topics of, "Spectrum-sharing between "Connected Vehicles" and WiFi-type devices" and "Approaches to implement ‘Connected Vehicle’ with LTE". Finally, we conclude this report with the approach of the US Department of Transportation which utilizes ICT (Information Communication Technologies) for the whole community's benefit, beyond traffic.
キーワード (和) コネクティッドビークル / V2V(vehicle-to-vehicle Communication) / V2X / DSRC / IEEE-802.11p / スペクトラム共有 / /  
(英) Connected vehicle / V2V(vehicle-to-vehicle Communication) / V2X / DSRC / IEEE-802.11p / Spectrum-sharing / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 45, IN2016-13, pp. 67-72, 2016年5月.
資料番号 IN2016-13 
発行日 2016-05-12 (IN, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN RCS  
開催期間 2016-05-19 - 2016-05-20 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) アドホック・センサネットワーク・MANET,モバイルネットワーク,M2M通信制御,無線LAN(Wi-Fi),IEEE802.15(ZigBee)及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2016-05-IN-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 「コネクティッドビークル」の米国動向 
サブタイトル(和) V2XからX2Xへ 
タイトル(英) US "Connected Vehicle" Trends 
サブタイトル(英) from V2X to X2X 
キーワード(1)(和/英) コネクティッドビークル / Connected vehicle  
キーワード(2)(和/英) V2V(vehicle-to-vehicle Communication) / V2V(vehicle-to-vehicle Communication)  
キーワード(3)(和/英) V2X / V2X  
キーワード(4)(和/英) DSRC / DSRC  
キーワード(5)(和/英) IEEE-802.11p / IEEE-802.11p  
キーワード(6)(和/英) スペクトラム共有 / Spectrum-sharing  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 洋文 / Hiro Ohnishi / オオニシ ヒロフミ
第1著者 所属(和/英) Alpine Electronics Research of America (略称: Alpine Electronics Research of America)
Alpine Electronics Research of America (略称: Alpine Electronics Research of America)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-05-19 17:35:00 
発表時間 45 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2016-13,IEICE-RCS2016-35 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.45(IN), no.46(RCS) 
ページ範囲 pp.67-72(IN), pp.61-66(RCS) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2016-05-12,IEICE-RCS-2016-05-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会