電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-05-19 09:50
経路情報サービスに基づく予測型ハンドオーバ方式の提案
小池 新末田欣子NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 将来のモバイルネットワークでは,無線リソースをいままで以上に有効活用するため,多数のスモールセルの利用が想定されている.そのようなモバイルネットワークの基盤では,通信の間,非常に頻繁なハンドオーバが考えられ,それらはアプリケーション層のパフォーマンスを減少させる.この問題を解決するために,我々はサービス主導のハンドオーバ方式を提案する.具体的には,ネットワークで得られる電波強度等の情報のみでなく,ユーザのアプリケーションサービスから情報を受け取り,いつどこでハンドオーバをするべきかを決定する.
我々は,アプリケーションサービスとして,クラウドベースのドライブナビゲーションサービスに基づく行先を活用したハンドオーバ方式を提案する.アプリケーションサービスからの情報がどのようにモバイルネットワークアーキテクチャのCプレーンに融和することができるかについて述べる.本稿では,NS3シミュレーターによりUE一つの場合に提案方式を適用した効果を示す. 
(英) We anticipate massive deployment of small cells to meet the high-demand of wireless resources in few years. With such mobile network infrastructure in forthcoming future, we will observe very frequent hand-overs during communications. As a result, those hand-overs degrade application layer performance. A service centric hand-over is proposed to tackle with this issue. In our approach, there is a linkage between application service information and network-based information. We utilize it to determine when and where to make a hand-over. We apply our proposal to a cloud-based Driving Direction Navigation Service. We show how we can integrate information from the service into the C-plane control of a mobile network. We show the effectiveness of our proposed approach for the case of single user equipment using simulation.
キーワード (和) ハンドオーバ / モバイルネットワーク / NS3 / カーナビゲーション / / / /  
(英) Hand-over / Mobile Network / NS3 / Drive Navigation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 44, NS2016-14, pp. 1-6, 2016年5月.
資料番号 NS2016-14 
発行日 2016-05-12 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2016-05-19 - 2016-05-20 
開催地(和) 横浜市教育会館 
開催地(英) Yokohama-shi kyouikukaikan 
テーマ(和) 高度プロトコル・ネットワーキング技術(IP及び高位レイヤルーチング・フィルタリング,マルチキャスト,品質・経路制御,IPNWの利用技術(P2P,P4P,オーバレイ,SIP,NGN),ネットワークシステム関連技術(システム構成法,インタフェース,アーキテクチャ,ハードウェア・ソフトウェア・ミドルウェア),一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2016-05-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 経路情報サービスに基づく予測型ハンドオーバ方式の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proactive Hand-over based on Driving Direction Service 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ハンドオーバ / Hand-over  
キーワード(2)(和/英) モバイルネットワーク / Mobile Network  
キーワード(3)(和/英) NS3 / NS3  
キーワード(4)(和/英) カーナビゲーション / Drive Navigation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小池 新 / Arata Koike / コイケ アラタ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corp. (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 末田 欣子 / Yoshiko Sueda / スエダ ヨシコ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corp. (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-05-19 09:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2016-14 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.44 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2016-05-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会