電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-05-19 09:55
WINDS衛星による高速データ通信実験
村田健史鈴木健治山本和憲NICT)・村永和哉セック)・浅井敏男菅 智茂NICT)・矢羽田將友NEC)・水原隆道高木文博クレアリンクテクノロジー)・Praphan PavarangkoonNICTSAT2016-2
抄録 (和) 本稿では,第1回目を2015年8月24日~26日に,第2回目を2016年2月1日~3日において行ったHpFPプロトコルを用いたWINDS衛星による高速データ通信実験結果について報告する.実験では,?パケットロスが50%の場合であってもデータ通信を行い500 Mbps程度のスループットの達成した,?HpFPが3.2 Gbps(衛星システム側のオーバーヘッドがあるため実効的には2.7 Gbps程度)のスループットを達成した,?HpFPを用いて1 MBのファイル10000個を3.2 Gbpsで伝送することに成功した,?将来のWINDS衛星をインターネットトンネリングで利用することを想定して50コネクションに5.4 Mbpsの帯域を均等に与えることができることを確認できた. 
(英) We report two satellite experiments via WINDS in August 2016 and February 2016, respectively. The objective of these satellite experiments are to achieve high speed data transfer via HpFP, which we have proposed as a novel connection-oriented protocol, like TCP, implemented on the top of UDP. We carried out experiments of high speed data transfer via HpFP on WINDS satellite. In the August 2016 experiment, we confirmed the HpFP achieves almost wire-rate of the WINDS, 2.7 Gbps. What is notable is that the protocol also kept on transferring data even on the condition of 50 % packet losses without disconnection. In the February 2016 experiment, we succeeded in transfer of 10000 files (each file size is 1 MB) in 2.7 Gbps. We also found that the 50 connections with HpFP share the 2.7 Gbps bandwidth in an equitable manner. It is due to the function of the HpFP to set a target throughput for each connection, which is not available on TCP.
キーワード (和) HpFP / WINDS / 衛星通信 / 高速データ伝送 / マルチコネクション / / /  
(英) HpFP / WINDS / satellite communication / high-bandwidth data transfer / multi-connection / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 41, SAT2016-2, pp. 7-12, 2016年5月.
資料番号 SAT2016-2 
発行日 2016-05-12 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SAT2016-2

研究会情報
研究会 SAT WBS  
開催期間 2016-05-19 - 2016-05-20 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英) Nagoya Institute of Technology 
テーマ(和) 符号化,変復調・信号処理技術及び一般 
テーマ(英) Coding, Modulation, Signal Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2016-05-SAT-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) WINDS衛星による高速データ通信実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Wide Bandwidth Data Transfer Experiments via WINDS satellite 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) HpFP / HpFP  
キーワード(2)(和/英) WINDS / WINDS  
キーワード(3)(和/英) 衛星通信 / satellite communication  
キーワード(4)(和/英) 高速データ伝送 / high-bandwidth data transfer  
キーワード(5)(和/英) マルチコネクション / multi-connection  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 健史 / Ken T. Murata / ムラタ タケシ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 健治 / Kenji Suzuki / スズキ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 和憲 / Kazunori Yamamoto / ヤマモト カズノリ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 村永 和哉 / Kazuya Muranaga / ムラナガ カズヤ
第4著者 所属(和/英) 株式会社 セック (略称: セック)
Systems Engineering Consultants Co., LTD. (略称: SEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅井 敏男 / Toshio Asai / アサイ トシオ
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅 智茂 / Tomoshige Kan / カン トモシゲ
第6著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢羽田 將友 / Yahata Masatomo / ヤハタ マサトモ
第7著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 水原 隆道 / Takamichi Mizuhara / ミズハラ タカミチ
第8著者 所属(和/英) 株式会社 クレアリンクテクノロジー (略称: クレアリンクテクノロジー)
CLEALINKTECHNOLOGY Co.,Ltd. (略称: CLEALINK)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 文博 / Ayahiro Takaki / タカキ アヤヒロ
第9著者 所属(和/英) 株式会社 クレアリンクテクノロジー (略称: クレアリンクテクノロジー)
CLEALINKTECHNOLOGY Co.,Ltd. (略称: CLEALINK)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) Praphan Pavarangkoon / Praphan Pavarangkoon /
第10著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-05-19 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SAT2016-2 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.41 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SAT-2016-05-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会