電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-05-19 11:45
ポーラ信号形式をもつ視覚復号型秘密分散法を用いるマルチホップ/マルチルート通信の検討
陳 力源羽渕裕真茨城大WBS2016-3
抄録 (和) 視覚復号型秘密分散法(VSS)を用いるシステムでは、0と1からなる非負信号を用いて行われており、信号極性には情報をもっていない。そこで、フレーム中に必ず1の信号が存在することに着目し、別情報を1の信号の極性{-1,+1}で表現することにより、2重型の視覚復号型秘密分散法が実現できる。本稿では、考案した2重型の視覚復号型秘密分散法によるマルチホップ/マルチルート通信システムを検討している。本情報と別情報の誤り率性能を明らかにしている。 
(英) The visual secret sharing scheme is using non-negative signal, like 0 and 1, to show message data. So, it always has no polarity. However, we notice this feature what must has a mark signal “1” in one frame. Using another message data, the mark signal “1” can be expressed as +1 or -1. A hierarchical visual secret sharing system can be realized. In this paper, a multi-hop/ multi-route network system using the hierarchical visual secret sharing scheme is proposed. The error rates of the original message data and another one are derived and evaluated.
キーワード (和) 視覚復号型秘密分散法 / マルチホップ / マルチルート / / / / /  
(英) visual secret sharing / multi-hop / multi-route / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 40, WBS2016-3, pp. 13-16, 2016年5月.
資料番号 WBS2016-3 
発行日 2016-05-12 (WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2016-3

研究会情報
研究会 SAT WBS  
開催期間 2016-05-19 - 2016-05-20 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英) Nagoya Institute of Technology 
テーマ(和) 符号化,変復調・信号処理技術及び一般 
テーマ(英) Coding, Modulation, Signal Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2016-05-SAT-WBS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) ポーラ信号形式をもつ視覚復号型秘密分散法を用いるマルチホップ/マルチルート通信の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Multi-hop/Multi-route Network Systems using Visual Secret Sharing Scheme with Polar Signaling 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視覚復号型秘密分散法 / visual secret sharing  
キーワード(2)(和/英) マルチホップ / multi-hop  
キーワード(3)(和/英) マルチルート / multi-route  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 陳 力源 / Liyuan Chen / チン リキゲン
第1著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 羽渕 裕真 / Hiromasa Habuchi / ハブチ ヒロマサ
第2著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-05-19 11:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-WBS2016-3 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.40 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-WBS-2016-05-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会