お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-05-19 14:45
Characterization of LTE network utilization of train passengers
Quentin PlessisMasaki SuzukiTakeshi KitaharaShigehiro AnoKDDI R&D Labs.IN2016-8 RCS2016-30
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) Trains are particularly challenging for mobile networks as they contain large numbers of users intensively accessing the network. The passage of a train causes spikes in network utilization and continuously requires the reallocation of resources. To effectively and efficiently evaluate, simulate and improve mobile networks, it is necessary to characterize the network utilization of train passengers. In this paper, we propose network utilization models for train passengers and non-train users based on the analysis of LTE signaling data. The models reveal that train passengers consume 3.5 times more resources than non-train users and confirm that trains have a significant influence on mobile networks. The models can be used to create realistic network simulations.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) LTE / signaling / network utilization / train passengers / traffic characterization / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 45, IN2016-8, pp. 43-48, 2016年5月.
資料番号 IN2016-8 
発行日 2016-05-12 (IN, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2016-8 RCS2016-30

研究会情報
研究会 IN RCS  
開催期間 2016-05-19 - 2016-05-20 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) アドホック・センサネットワーク・MANET,モバイルネットワーク,M2M通信制御,無線LAN(Wi-Fi),IEEE802.15(ZigBee)及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2016-05-IN-RCS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Characterization of LTE network utilization of train passengers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / LTE  
キーワード(2)(和/英) / signaling  
キーワード(3)(和/英) / network utilization  
キーワード(4)(和/英) / train passengers  
キーワード(5)(和/英) / traffic characterization  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) プレシ カンタン / Quentin Plessis /
第1著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc. (略称: KDDI R&D Labs.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 理基 / Masaki Suzuki /
第2著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc. (略称: KDDI R&D Labs.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 北原 武 / Takeshi Kitahara /
第3著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc. (略称: KDDI R&D Labs.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿野 茂浩 / Shigehiro Ano /
第4著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc. (略称: KDDI R&D Labs.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-05-19 14:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2016-8,IEICE-RCS2016-30 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.45(IN), no.46(RCS) 
ページ範囲 pp.43-48(IN), pp.37-42(RCS) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2016-05-12,IEICE-RCS-2016-05-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会