電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-05-19 11:20
可視光通信に用いるパワーLEDの周波数特性補償法
古野辰男小田恭弘NTTドコモWBS2016-2
抄録 (和) LED照明の普及に伴い,LEDを用いた可視光通信(VLC)の研究が盛んに行われている.LEDは高い周波数ほど伝達される電力が低下する周波数特性を持つが,特に照明に用いるような高出力のいわゆるパワーLEDはその傾きが大きく,広帯域信号の伝送が難しい.その改善策として,従来は送信側で事前に等化を行うPre-equalizationが提案されていた.しかし, 従来法では周波数特性は平坦になるものの,周波数特性の傾きが大きいパワーLEDで広帯域信号を伝送すると全体の電力が低下することにより伝送特性が劣化してしまうという課題があった.本報告では従来技術の課題を解決するために,周波数特性を平坦にする効果と電力低下のトレードオフを考慮し,平均ビット誤り率(BER)を改善する周波数特性補償法を提案する.さらに提案法によるBER改善効果を伝送実験と理論計算により明らかにする. 
(英) The light emitting diodes (LEDs) which will be increasingly used in lightning, will also be used in visible light communications (VLC). The transmission speed using high power LEDs is restricted by the frequency characteristics which has power degradation in high frequency band. Some frequency compensation methods were proposed such as pre-equalization method, which equalizes the signal before transmission. The pre-equalization method makes frequency characteristics flat, but also it degrades total power when degradation slope is steep in high frequency band. We propose a novel frequency compensation method that improve average bit error rate (BER) with considering the tradeoff between the frequency flatness and the power degradation. We also show the effects of proposed method with experimental and calculated results.
キーワード (和) 可視光通信 / LED / 周波数補償 / Pre-equalization / / / /  
(英) Visible light communication (VLC) / LED / Frequency compensation method / Pre-equalization / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 40, WBS2016-2, pp. 7-12, 2016年5月.
資料番号 WBS2016-2 
発行日 2016-05-12 (WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2016-2

研究会情報
研究会 SAT WBS  
開催期間 2016-05-19 - 2016-05-20 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英) Nagoya Institute of Technology 
テーマ(和) 符号化,変復調・信号処理技術及び一般 
テーマ(英) Coding, Modulation, Signal Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2016-05-SAT-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 可視光通信に用いるパワーLEDの周波数特性補償法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Frequency Compensation Method for Visible Light Communications using High Power LEDs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 可視光通信 / Visible light communication (VLC)  
キーワード(2)(和/英) LED / LED  
キーワード(3)(和/英) 周波数補償 / Frequency compensation method  
キーワード(4)(和/英) Pre-equalization / Pre-equalization  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 古野 辰男 / Tatsuo Furuno / フルノ タツオ
第1著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC (略称: NTT DOCOMO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小田 恭弘 / Yasuhiro Oda /
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-05-19 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-WBS2016-2 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.40 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WBS-2016-05-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会