電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-05-18 10:25
選択的セロトニン再取り込み阻害薬服用履歴が日内活動量パタンに及ぼす影響の予備的検討
小窪久美子阪電通大)・田中恒彦新潟大)・岩佐和典就実大)・澤 幸祐専修大)・角谷 寛滋賀医科大)・小森政嗣阪電通大HCS2016-6 HIP2016-6
抄録 (和) これまでの研究から,鬱病と双極性障害の違いは日内活動量パタンと関連していることが示されている.このことは,活動量パタンが補助的な気分障害診断指標になり得ることを示唆している.本研究では,選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)の投与が,投与開始から4週間の日内活動パタンに及ぼす影響を検討する.鬱病もしくは双極性障害の入院患者(N=90)を(1)SSRIが投与され続けた群,(2)SSRIが投与されたが4週間の間に投与が中止され他の薬剤に変更された群,(3)SSRIは投与されていない群の3つに分類した.入院患者の4週間の活動ログデータは加速度計により計測された.各患者の4週間のデータを1日の区間に分割し,この活動レベルに対してフーリエ級数展開を行った.さらにこの係数に対して主成分分析を行った.この主成分得点の時系列変化を状態空間モデルにより分析を行った結果,SSRIを投与され続けた群は,投与が中止になった群と比較して活動量が増加する傾向を示し,それは特に朝の活動量において顕著であった. 
(英) We previously reported that intraday physical activity patterns are related to the distinction between major depression and bipolar disorder, suggesting that one’s physical activity pattern can be used as an auxiliary index for mood disorder diagnosis. In the present study, we investigated the effect of the administration of selective serotonin reuptake inhibitors (SSRIs) on the intraday physical activity patterns over 4 weeks after the start of SSRI administration. Inpatients (N = 90) with major depression or bipolar disorder were divided into the following three groups: (1) Participants continuously administered with SSRIs, (2) Participants discontinued from SSRI administration during the 4-week period, and (3) Participants taking antidepressants other than SSRIs. The participants provided their 4-week activity log data as measured by accelerometers. Each 4-week data block was divided into 1-day-long sections. We performed a Fourier series expansion on the activity levels for each section and a principal component analysis (PCA) on the coefficients of the expansion. We examined the differences in the changes of PC scores between the groups using a state-space model. Our results indicated that the group to whom SSRIs were administered showed a significant increase in their activity level, especially in the mornings, compared with the other groups.
キーワード (和) 気分障害 / 活動量ログ / SSRI / / / / /  
(英) Mood Disorder / Physical Activity Log / SSRI / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 32, HIP2016-6, pp. 29-34, 2016年5月.
資料番号 HIP2016-6 
発行日 2016-05-11 (HCS, HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HCS2016-6 HIP2016-6

研究会情報
研究会 HCS HIP HI-SIGCE  
開催期間 2016-05-18 - 2016-05-19 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) 「コミュニケーション支援」「コミュニケーション一般」「ヒューマン情報処理一般」 
テーマ(英) Communication Enhancing, Human Communication, and Human Information Processing 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2016-05-HCS-HIP-SIGCE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 選択的セロトニン再取り込み阻害薬服用履歴が日内活動量パタンに及ぼす影響の予備的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Preliminary Study on the Relationship between SSRI Medication History and Diurnal Activity Patterns 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 気分障害 / Mood Disorder  
キーワード(2)(和/英) 活動量ログ / Physical Activity Log  
キーワード(3)(和/英) SSRI / SSRI  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小窪 久美子 / Kumiko Kokubo / コクボ クミコ
第1著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: OECU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 恒彦 / Tsunehiko Tanaka / タナカ ツネヒコ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩佐 和典 / Kazunori Iwasa / イワサ カズノリ
第3著者 所属(和/英) 就実大学 (略称: 就実大)
Shujitsu University (略称: Shujitsu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 澤 幸祐 / Kosuke Sawa / サワ コウスケ
第4著者 所属(和/英) 専修大学 (略称: 専修大)
Senshu University (略称: Senshu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 角谷 寛 / Hiroshi Kadotani / カドタニ ヒロシ
第5著者 所属(和/英) 滋賀医科大学 (略称: 滋賀医科大)
Shiga University of Medical Science (略称: Shiga Univ. of Med.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 小森 政嗣 / Masashi Komori / コモリ マサシ
第6著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: OECU)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-05-18 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HCS2016-6,IEICE-HIP2016-6 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.31(HCS), no.32(HIP) 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2016-05-11,IEICE-HIP-2016-05-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会