電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-05-16 14:30
[ポスター講演]A study on FFT-ED based signal area estimation for spectrum awareness
Riki MizuchiKenta UmebayashiTUAT)・Janne LehtomakiUniv. of Oulu)・Miguel Lopez-BenitezUniv. of Liverpool
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) For achieving 2-layer smart spectrum access (SSA) which corresponds to feasible strategy of DSA, a development of spectrum awareness system (SAS) is required.
We focus on a core signal processing in SAS, which is called signal area (SA) estimation.
Simple-SA (S-SA) estimation has been developed as a method to find SA, which means occupying area by PU in time-frequency domain.
One of the issues of S-SA estimation is that it increases false alarm.
In this paper, we propose L-shaped false alarm removal (L-FAR).
We analytically derive sub-optimum parameters for L-FAR based on constant false alarm rate (CFAR).
Numerical evaluations show the sub-optimum solution can achieve competitive detection performance with the optimum solution.
In addition, it is shown that the proposed method can achieve better detection performance compared to the other methods. 
(英) For achieving 2-layer smart spectrum access (SSA) which corresponds to feasible strategy of DSA, a development of spectrum awareness system (SAS) is required.
We focus on a core signal processing in SAS, which is called signal area (SA) estimation.
Simple-SA (S-SA) estimation has been developed as a method to find SA, which means occupying area by PU in time-frequency domain.
One of the issues of S-SA estimation is that it increases false alarm.
In this paper, we propose L-shaped false alarm removal (L-FAR).
We analytically derive sub-optimum parameters for L-FAR based on constant false alarm rate (CFAR).
Numerical evaluations show the sub-optimum solution can achieve competitive detection performance with the optimum solution.
In addition, it is shown that the proposed method can achieve better detection performance compared to the other methods.
キーワード (和) ダイナミックスペクトラムアクセス / 周波数利用観測 / スマートスペクトラムアクセス / / / / /  
(英) Dynamic spectrum access / Spectrum measurement / Smart spectrum access / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 29, SR2016-9, pp. 27-34, 2016年5月.
資料番号 SR2016-9 
発行日 2016-05-09 (SR, SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR SRW  
開催期間 2016-05-16 - 2016-05-17 
開催地(和) Hotel Lasaretti, Oulu, Finland 
開催地(英) Hotel Lasaretti, Oulu, Finland 
テーマ(和) SmartCom2016 
テーマ(英) SmartCom2016 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2016-05-SR-SRW 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on FFT-ED based signal area estimation for spectrum awareness 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ダイナミックスペクトラムアクセス / Dynamic spectrum access  
キーワード(2)(和/英) 周波数利用観測 / Spectrum measurement  
キーワード(3)(和/英) スマートスペクトラムアクセス / Smart spectrum access  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 水知 力 / Riki Mizuchi / ミズチ リキ
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅林 健太 / Kenta Umebayashi / ウメバヤシ ケンタ
第2著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Janne Lehtomaki / Janne Lehtomaki / Janne Lehtomaki
第3著者 所属(和/英) University of Oulu (略称: Univ. of Oulu)
University of Oulu (略称: Univ. of Oulu)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Miguel Lopez-Benitez / Miguel Lopez-Benitez / Miguel Lopez-Benitez
第4著者 所属(和/英) University of Liverpool (略称: リヴァプール大)
University of Liverpool (略称: Univ. of Liverpool)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-05-16 14:30:00 
発表時間 100 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2016-9,IEICE-SRW2016-9 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.29(SR), no.30(SRW) 
ページ範囲 pp.27-34 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-SR-2016-05-09,IEICE-SRW-2016-05-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会