電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-05-16 14:30
[ポスター講演]Approximated Theoretical Analysis for Spectrum Sensing Based on Maximum Cyclic Autocorrelation Selection
Daiki ChoShusuke NariedaNIT, Akashi College)・Kenta UmebayashiTUAT
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) Maximum cyclic autocorrelation selection (MCAS) is one of spectrum sensing technique based on cyclostationarity detection, and we have been presented sensing techniques extended MCAS for multiple receive antennas. MCAS utilizes the cyclic autocorrelation functions (CAFs) at some cyclic frequencies (peak and non-peak) and compares some test statistics which are computed by these CAFs. Moreover, the probability of false alarm ($P_mathrm{FA}$) can be controlled by the number of non-peak CAFs which is used signal detection. Therefore, MCAS does not need to use a threshold which is used many of spectrum sensing techniques, however, it is difficult to theoretical analysis and has not been examined. In this presentation, ``consequent threshold'' derived from desired $P_mathrm{FA}$ and probability density function is presented, and we attempt to approximate theoretical analysis.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) cognitive radio networks / spectrum sensing / cyclostationarity detection / theoretical analysis / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 29, SR2016-10, pp. 35-36, 2016年5月.
資料番号 SR2016-10 
発行日 2016-05-09 (SR, SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR SRW  
開催期間 2016-05-16 - 2016-05-17 
開催地(和) Hotel Lasaretti, Oulu, Finland 
開催地(英) Hotel Lasaretti, Oulu, Finland 
テーマ(和) SmartCom2016 
テーマ(英) SmartCom2016 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2016-05-SR-SRW 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Approximated Theoretical Analysis for Spectrum Sensing Based on Maximum Cyclic Autocorrelation Selection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / cognitive radio networks  
キーワード(2)(和/英) / spectrum sensing  
キーワード(3)(和/英) / cyclostationarity detection  
キーワード(4)(和/英) / theoretical analysis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長 大樹 / Daiki Cho / チョウ ダイキ
第1著者 所属(和/英) 明石工業高等専門学校 (略称: 明石高専)
National Institute of Technology, Akashi College, Japan (略称: NIT, Akashi College)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 成枝 秀介 / Shusuke Narieda / ナリエダ シュウスケ
第2著者 所属(和/英) 明石工業高等専門学校 (略称: 明石高専)
National Institute of Technology, Akashi College, Japan (略称: NIT, Akashi College)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅林 健太 / Kenta Umebayashi / ウメバヤシ ケンタ
第3著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-05-16 14:30:00 
発表時間 100 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2016-10,IEICE-SRW2016-10 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.29(SR), no.30(SRW) 
ページ範囲 pp.35-36 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-SR-2016-05-09,IEICE-SRW-2016-05-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会