お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-05-13 10:25
スマート雨水ハウスについて ~ 雨水グリッドによる流出抑制 ~
森山聡之福岡工大)・森下功啓熊本高専)・和泉信生崇城大)・西山浩司九大ASN2016-13
抄録 (和) 2009年7月23日の、中国・九州豪雨により福岡市内の2級河川樋井川も氾濫し、都市型水害となった。これを受けて、市民、福岡の大学研究者、行政が一体となって、市民主導の樋井川流域治水市民会議を設立、流域治水の各種提言のみならず、社会実装を進めてきた。2014年3月末には雨水の背源としての利用だけでなく洪水抑制まで視野に入れた「雨水の利用促進に関する法律」も成立した。
社会実装の一環としてスマート雨水ハウスを実際に建立し、あまみず社会を進めようという試みの途中であるが、その経過を報告する。
現在は、10分ごとに水位を測定し、Amazon DynamoDBに保存している。また、気象庁の予測データをAmazon EC2で受信し、SOMでパターン認識し、豪雨が発生すると予測した場合は、事前放流すべくポンプ用のアクチュエータを準備している。 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) スマート雨水タンク / 雨水グリッド / 分散型多目的市民ダム / あまみず社会 / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 22, ASN2016-13, pp. 63-67, 2016年5月.
資料番号 ASN2016-13 
発行日 2016-05-05 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ASN2016-13

研究会情報
研究会 ASN  
開催期間 2016-05-12 - 2016-05-13 
開催地(和) 構造計画研究所 本所新館 
開催地(英)  
テーマ(和) 知的環境, センサネットワーク, スマート建築, スマートシティ, 構造モニタリング, ゼロエネルギービルディング, 社会基盤センシング, BIM/CIM, 国土基盤モデル, 一般, 建築学会・スマート建築モニタリング応用小委員会後援, 土木学会・土木情報学委員会後援 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2016-05-ASN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スマート雨水ハウスについて 
サブタイトル(和) 雨水グリッドによる流出抑制 
タイトル(英) Smart Rainwater House 
サブタイトル(英) flood control by RainwaterGrid 
キーワード(1)(和/英) スマート雨水タンク /  
キーワード(2)(和/英) 雨水グリッド /  
キーワード(3)(和/英) 分散型多目的市民ダム /  
キーワード(4)(和/英) あまみず社会 /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森山 聡之 / Toshiyuki Moriyama / モリヤマ トシユキ
第1著者 所属(和/英) 福岡工業大学 (略称: 福岡工大)
Fukuoka Institute of Technology (略称: FIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森下 功啓 / Katsunori Moirishita / モリシタ カツノリ
第2著者 所属(和/英) 熊本高等専門学校 (略称: 熊本高専)
National Institute of Technology (略称: NIT, Kumamoto College)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 和泉 信生 / Shinobu Izumi / イズミ シノブ
第3著者 所属(和/英) 崇城大学 (略称: 崇城大)
Sojo University (略称: Sojo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西山 浩司 / Koji Nishiyama / ニシヤマ コウジ
第4著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-05-13 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-ASN2016-13 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.22 
ページ範囲 pp.63-67 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-ASN-2016-05-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会