お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-05-13 15:15
[招待講演]制御系セキュリティのためのモデルベース技術
澤田賢治佐々木 翼塚田健人新 誠一電通大)・細川 嵩CSSCRCC2016-10 MICT2016-10
抄録 (和) 現在,世界中で重要インフラや製造業の制御システムを標的としたサイバー攻撃が緊急課題となっている.我が国においても,2020年に控えたオリンピックやスマートメータの配備など制御システムに対するセキュリティ対策は注目の的である.サイバー攻撃の事前対策のために,制御システムへの情報セキュリティ技術の転用が進められているが,それだけでは十分ではない.制御システムでは,事前対策に加えてサイバー攻撃が実際に発生した後の事後対策を含めた多層防御技術が必要である.本発表では,事後対策技術として講演者がこれまで進めてきたモデルベース技術についての講演を行う. 
(英) Control systems of important infrastructures are not able to avoid dealing with some security incidents caused by cyberattacks, such as malware infection and information. It is insufficient to apply existing IT security countermeasures to control systems and then we need security concept specific to control systems because there exists gaps between IT and control system security policies. Also, the existing studies tend to focus on the preliminary countermeasures of cyberattacks, but it is necessary to consider incident responses of control systems during the cyberattacks in terms of control system security strategy “Defense-in-Depth”. This paper presents a fallback control method as an incident response of control systems which is a minimal operation devoting control systems to facilities protection and minimizes the damage caused by cyberattack.
キーワード (和) 制御系セキュリティ / モデルベース技術 / 縮退運転 / / / / /  
(英) Control System Security / Model-based technique / Fallback control / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 24, RCC2016-10, pp. 45-50, 2016年5月.
資料番号 RCC2016-10 
発行日 2016-05-06 (RCC, MICT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCC2016-10 MICT2016-10

研究会情報
研究会 MICT RCC  
開催期間 2016-05-13 - 2016-05-13 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 高信頼制御通信, ヘルスケア・医療情報通信技術, 一般 
テーマ(英) Reliable Communication and Control, Healthcare and Medical Information Communication Technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCC 
会議コード 2016-05-MICT-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 制御系セキュリティのためのモデルベース技術 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Model-based techniques for control system security 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 制御系セキュリティ / Control System Security  
キーワード(2)(和/英) モデルベース技術 / Model-based technique  
キーワード(3)(和/英) 縮退運転 / Fallback control  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 澤田 賢治 / Kenji Sawada / サワダ ケンジ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 翼 / Tsubasa Sasaki / ササキ ツバサ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚田 健人 / Tsukada Kento / ツカダ ケント
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 新 誠一 / Seiichi Shin / シン セイイチ
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC Tokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 細川 嵩 / Shu Hosokawa / ホソカワ シュウ
第5著者 所属(和/英) 技術総合組合制御システムセキュリティセンター (略称: CSSC)
Control System Security Center (略称: CSSC)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-05-13 15:15:00 
発表時間 50 
申込先研究会 RCC 
資料番号 IEICE-RCC2016-10,IEICE-MICT2016-10 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.24(RCC), no.25(MICT) 
ページ範囲 pp.45-50 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCC-2016-05-06,IEICE-MICT-2016-05-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会