お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-05-12 16:55
ワイヤレスセンシングネットワークシステムの斜面地モニタリングへの適用
笹村拓哉杉本知史石塚洋一藤島友之藤本孝文岩崎昌平長崎大)・山下浩一郎栗原康志富士通研ASN2016-10
抄録 (和) 本報告では,実際の斜面地盤におけるワイヤレスセンサネットワークを用いたモニタリングシステムの施工とその結果について述べる.筆者グループは,電気電子・土木・情報工学・企業による分野横断的に結成されたチームで,各工学分野の多面的な技術アプローチ,コスト抑制・設置メンテナンスの容易性を考慮しつつ,環境やインフラの長期・広範囲なモニタリングを可能とするワイヤレスセンサネットワークシステムの開発を目指している. 本研究は,長崎県佐世保市が管轄する斜面の観測依頼が長崎大学工学部に対してなされたことがきっかけとなり,現在保全工事が行われる中,佐世保市の全面的な協力のもと,観測実験のためのフィールドや市独自の計測データの提供を受けるなど相互の連携をとりながら遂行している所である.本稿では,平成27年末のシステム設置から,現在の安定稼働の状態に至るまでに明らかとなった攻撃斜面での電波伝搬特性分析とネットワーク構築,気象情報とセンサ計測結果の対比,環境発電における電源安定化,無線通信の課題及びその改善提案と施策結果について述べる. 
(英) The implementation report and some considerations for unstable slope monitoring technique with wireless sensor network system is described. The prototype system is implemented in an unstable slope located in the part of Sasebo-shi, Sasebo, Japan, by the research group consists of three major group of electric, civil, and information engineering researchers. In this paper, some considerations for constructing the stable wireless communication network with the points of view of power harvesting, the installation requirements and system control for the node terminal, respectively. And, also, the example of sensed data is presented which is obtained at remote location via cellular network.
キーワード (和) WSN / IoT / 斜面崩壊 / モニタリング / IEEE.802.15.4(Zigbee) / / /  
(英) WSN / IoT / Slope failure / Monitoring / IEEE.802.15.4(Zigbee) / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 22, ASN2016-10, pp. 47-52, 2016年5月.
資料番号 ASN2016-10 
発行日 2016-05-05 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ASN2016-10

研究会情報
研究会 ASN  
開催期間 2016-05-12 - 2016-05-13 
開催地(和) 構造計画研究所 本所新館 
開催地(英)  
テーマ(和) 知的環境, センサネットワーク, スマート建築, スマートシティ, 構造モニタリング, ゼロエネルギービルディング, 社会基盤センシング, BIM/CIM, 国土基盤モデル, 一般, 建築学会・スマート建築モニタリング応用小委員会後援, 土木学会・土木情報学委員会後援 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2016-05-ASN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ワイヤレスセンシングネットワークシステムの斜面地モニタリングへの適用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design of the wireless sensing network for slope stability monitoring 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) WSN / WSN  
キーワード(2)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(3)(和/英) 斜面崩壊 / Slope failure  
キーワード(4)(和/英) モニタリング / Monitoring  
キーワード(5)(和/英) IEEE.802.15.4(Zigbee) / IEEE.802.15.4(Zigbee)  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹村 拓哉 / Takuya / ササムラ タクヤ
第1著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉本 知史 / SasamuraSatoshi Sugimoto / スギモト サトシ
第2著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石塚 洋一 / Yoichi Ishizuka / イシヅカ ヨウイチ
第3著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤島 友之 / Tomoyuki Fujishima / フジシマ トモユキ
第4著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤本 孝文 / Takafumi Fujimoto / フジモト タカフミ
第5著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩崎 昌平 / Shohei Iwasaki / イワサキ ショウヘイ
第6著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 浩一郎 / Koichiro Yamashita / ヤマシタ コウイチロウ
第7著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratory LTD. (略称: Fujitsu Lab.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗原 康志 / Yasushi Kurihara / クリハラ ヤスシ
第8著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratory LTD. (略称: Fujitsu Lab.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-05-12 16:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-ASN2016-10 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.22 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ASN-2016-05-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会