電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-05-09 13:10
大規模なRFIDシステムのためのランダムスキップグラフ認証
小森雄大酒井和哉福本 聡首都大東京CPSY2016-1 DC2016-1
抄録 (和) 大規模なRFID (Radio Frequency Identification) システムにおける認証速度と匿名性のトレードオフの関係は,すでに多くの研究で検討されている.暗号ベースの認証を用いて匿名性を守る場合,システムが大規模になると鍵の検索に時間を要してしまうという問題がある.そこで,複数のタグで共有するグループ鍵によって鍵の検索範囲を狭めるために,鍵の管理にグループや木構造,スキップリストなどのデータ構造を用いた手法が考えられた.しかし,この鍵管理の構造化手法には,あるタグが物理的にハックされると,同じ鍵を共有している他のタグの匿名性が損なわれるという問題がある.
本論文では,鍵の管理にスキップグラフを応用した新しい鍵管理手法である,RSGA (Randomized Skip Graph-based Authentication) を提案する.そして,シミュレーションにより性能を評価し,従来手法に比べて提案手法の匿名性が向上していることを示す. 
(英) The performance of key and the degree of privacy in large-scale RFID systems are considered by many researches as tradeoffs. Private RFID authentication with structured key management securely singulates RF tags in the logarithmic order by having group keys shared by several tags. However, the degree of tags' privacy will decrease should some tags in the system be compromised by correlating tampered group keys. Hence, in order to increase the anonymity of the tag while maintaining the authentication speed, to decrease the correlation probability of group keys is important. In this paper, we propose Randomized Skip Graphs-Based Authentication (RSGA) that significantly improves the tags' privacy in terms of anonymity with reasonable amount of key storage cost. The simulation results demonstrate that the proposed scheme achieves it design goals.
キーワード (和) RFID / セキュリティ / プライバシ / スキップグラフ / / / /  
(英) RFID / security / privacy / skip graphs / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 20, DC2016-1, pp. 1-6, 2016年5月.
資料番号 DC2016-1 
発行日 2016-05-02 (CPSY, DC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CPSY2016-1 DC2016-1

研究会情報
研究会 CPSY DC IPSJ-ARC  
開催期間 2016-05-09 - 2016-05-10 
開催地(和) 宇奈月 杉乃井ホテル 
開催地(英) Unaduki Suginoi Hotel 
テーマ(和) ディペンダブルコンピューティングシステムおよび一般 (春のHotSPA討論会) 
テーマ(英) Dependable Computing Systems, etc. (HotSPA: Hot SPring Annual meeting) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 DC 
会議コード 2016-05-CPSY-DC-ARC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 大規模なRFIDシステムのためのランダムスキップグラフ認証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Randomized Skip Graph-Based Authentication for Large-Scale RFID Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) RFID / RFID  
キーワード(2)(和/英) セキュリティ / security  
キーワード(3)(和/英) プライバシ / privacy  
キーワード(4)(和/英) スキップグラフ / skip graphs  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小森 雄大 / Yudai Komori / コモリ ユウダイ
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒井 和哉 / Kazuya Sakai / サカイ カズヤ
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福本 聡 / Satoshi Fukumoto / フクモト サトシ
第3著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-05-09 13:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 DC 
資料番号 IEICE-CPSY2016-1,IEICE-DC2016-1 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.19(CPSY), no.20(DC) 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CPSY-2016-05-02,IEICE-DC-2016-05-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会