お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-04-22 13:25
On a Hybrid Packets-and-Circuits Switching Logic
Marat ZhanikeevTokyo Univ. of ScienceCS2016-8
抄録 (和) The packets versus circuits argument is several decades old. Back in the day, what we today refer to as all-IP networking was justified for its efficiency over the circuit-based telephone networks. The analysis was performed on ON-OFF sources for voice (phone calls) and packets came out to be almost twice as efficient. Modern traffic follows the hotspot distribution, where the hotspots -- also known as elephant flows, bulk transfer, etc. -- have higher value than other flows and therefore require higher efficiency. The highest possible efficiency for bulk transfer can be achieved using circuit switching, implemented on IP networks via the cut-through switching mode. This paper proposes a new switching logic which assumes that NOC has both packet and circuit lines and strives to optimize the newly defined efficiency accordingly. 
(英) The packets versus circuits argument is several decades old. Back in the day, what we today refer to as all-IP networking was justified for its efficiency over the circuit-based telephone networks. The analysis was performed on ON-OFF sources for voice (phone calls) and packets came out to be almost twice as efficient. Modern traffic follows the hotspot distribution, where the hotspots -- also known as elephant flows, bulk transfer, etc. -- have higher value than other flows and therefore require higher efficiency. The highest possible efficiency for bulk transfer can be achieved using circuit switching, implemented on IP networks via the cut-through switching mode. This paper proposes a new switching logic which assumes that NOC has both packet and circuit lines and strives to optimize the newly defined efficiency accordingly.
キーワード (和) packets vs circuits / cut-through / circuit emulation / bulk transfer / hotspot traffic / network virtualization / /  
(英) packets vs circuits / cut-through / circuit emulation / bulk transfer / hotspot traffic / network virtualization / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 9, CS2016-8, pp. 43-46, 2016年4月.
資料番号 CS2016-8 
発行日 2016-04-14 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CS2016-8

研究会情報
研究会 CS CQ NV  
開催期間 2016-04-21 - 2016-04-22 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) SDN(Software-Defined Networking),NFV(Network Functions Virtualization),ネットワーク仮想化,クラウド,サービス品質,コンテンツ配信,一般 
テーマ(英) SDN (Software-Defined Networking), NFV(Network Functions. Virtualization), Network Virtualization, Cloud, Service Quality, Contents Delivery, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2016-04-CS-CQ-NV 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On a Hybrid Packets-and-Circuits Switching Logic 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) packets vs circuits / packets vs circuits  
キーワード(2)(和/英) cut-through / cut-through  
キーワード(3)(和/英) circuit emulation / circuit emulation  
キーワード(4)(和/英) bulk transfer / bulk transfer  
キーワード(5)(和/英) hotspot traffic / hotspot traffic  
キーワード(6)(和/英) network virtualization / network virtualization  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) ザニケエフ マラット / Marat Zhanikeev / ザニケエフ マラット
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-04-22 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2016-8 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.9 
ページ範囲 pp.43-46 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CS-2016-04-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会