お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-04-22 10:35
低SHF帯デジタルビームフォーミングを用いる5G Massive MIMO伝送におけるカバレッジ評価
奥山達樹吉岡翔平・○須山 聡奥村幸彦NTTドコモRCS2016-14
抄録 (和) 第5世代(5G)無線アクセスネットワークでは,急増するトラフィックに対応するため,広い帯域幅を確保可能な高周波数帯の適用が有効であり,更なる超高速・大容量化を目指してMassive MIMO技術の導入が検討されている.また,低SHF帯を利用すると,高SHF帯と比べて比較的帯域幅が狭いため,より高精度なビーム制御が可能となるフルデジタルMassive MIMOを早期から適用できる.低SHF帯フルデジタルMassive MIMOにおけるデジタルビームフォーミング(BF)アルゴリズムとして,予め定められた方向にビームを形成するデジタルBFとチャネル情報を用いたプリコーディングの組み合わせであるデジタルFBCPが提案されている.本報告では,デジタルFBCPを用いた低SHF帯Massive MIMO伝送におけるカバレッジを評価するために,5.2 GHz帯100 MHz帯域幅,128素子の一様平面アレーを用いた計算機シミュレーションにより,下り回線における総送信電力30 dBmにおけるリンクバジェットに基づいて受信端末における平均信号対雑音電力比を算出し,適応変調符号化とランクアダプテーションを適用して,基地局のアンテナ高やチルト角がスループット特性に与える影響を明らかにする. 
(英) In order to tackle rapidly increasing traffic, 5th generation (5G) radio access network in mobile communications introduces Massive MIMO technology using higher frequency bands for realizing super high bit rate and large system capacity. In low SHF bands, because bandwidth is a relatively narrower in comparison to using high SHF bands, fully digital Massive MIMO which can control beams with higher accuracy will be introduced early. As the digital beamforming algorithm for fully digital Massive MIMO in low SHF bands, digital FBCP which combines digital beamforming (BF) with digital precoding has been proposed. This paper evaluates coverage of Massive MIMO using digital FBCP in low SHF bands by computer simulations using 5.2 GHz band, 100 MHz bandwidth and 128-element uniform planar array. Thus, this report shows the impact of the tilt angle and antenna height of base station on throughput performance when adaptive modulation and coding (AMC) and rank adaptation (RA) based is adopted on the average signal to noise power ratio (SNR) that calculated by radio link budget considering total transmission power of 30 dBm.
キーワード (和) 5G / 低SHF帯 / Massive MIMO / デジタルビームフォーミング / カバレッジ / リンクバジェット / /  
(英) 5G / Low SHF bands / Massive MIMO / Digital beamforming / Coverage / Link budget / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 11, RCS2016-14, pp. 77-82, 2016年4月.
資料番号 RCS2016-14 
発行日 2016-04-14 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2016-14

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2016-04-21 - 2016-04-22 
開催地(和) 弘前市・星と森のロマントピア 
開催地(英) Romantopia, A Landscape of Forest and Stars, Hirosaki City 
テーマ(和) 鉄道,車車間・路車間通信,無線アクセス技術,一般 
テーマ(英) Radio Access Technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2016-04-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 低SHF帯デジタルビームフォーミングを用いる5G Massive MIMO伝送におけるカバレッジ評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Coverage Evaluation of 5G Massiive MIMO Transmission with Digital Beamforming in Low SHF Band 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) 低SHF帯 / Low SHF bands  
キーワード(3)(和/英) Massive MIMO / Massive MIMO  
キーワード(4)(和/英) デジタルビームフォーミング / Digital beamforming  
キーワード(5)(和/英) カバレッジ / Coverage  
キーワード(6)(和/英) リンクバジェット / Link budget  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥山 達樹 / Tatsuki Okuyama / オクヤマ タツキ
第1著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉岡 翔平 / Shohei Yoshioka / ヨシオカ ショウヘイ
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 須山 聡 / Satoshi Suyama / スヤマ サトシ
第3著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 幸彦 / Yukihiko Okumura / オクムラ ユキヒコ
第4著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-04-22 10:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2016-14 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.11 
ページ範囲 pp.77-82 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2016-04-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会