電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-04-21 10:45
光アクセス装置プログラマブル化に向けたCPU/GPUによる暗号化の並列実装の検討
鈴木貴大キム サンヨプ可児淳一鈴木謙一大高明浩NTT
抄録 (和) 近年,ネットワークのSDN/NFV化が注目されている.アクセスネットワークにおいては,ソフトウェアで装置機能を実現し,複数サービスの装置を共通化,集約することで,サービス展開迅速化とCAPEX/OPEX削減することを目指している.本稿では,光回線終端装置Optical Line Terminal (OLT) のソフトウェア領域を物理処理まで拡大し,装置の大部分を汎用ハードウェアで構成するプログラマブルOLTを提案する.プログラマブルOLT実現のためには,汎用ハードウェアで実現したアクセス装置で,アクセス装置が要求するスループットを達成することが課題となる.将来的なPONシステム機能である変復調信号処理と従来からの機能である誤り訂正,暗号化に関して,メニーコアCPUを想定したCPUシミュレータによりスループットの予備評価を行い,検討方針を示した.また,暗号化アルゴリズムのメニーコアCPU/GPUへ実装し,処理時間を測定することによるスループット性能評価を行った.評価結果より,CPUにおいては,CTR-AES暗号化に対して1.12 Gbps,GCM-AESに対して1.13 Gbpsのスループットを達成した.GPUにおいては,CTR-AES暗号化に対しては5.37 Gbps,GCM-AES暗号化に対しては914 Mbpsを実現した.これにより1G級の暗号化処理のソフトウェア実装の実現可能性が示された. 
(英) Recently, NFV and SDN are attracting attention with the goal being enhanced networks efficiency. In access network, software implementation of functions of communications equipment is pursued for speeding service provision and CAPEX/OPEX reduction by commonalizing and integrated equipment of plural services. This paper proposes the programmable OLT; it performs OLT functions by software processing on general-purpose hardware. To accomplish the programmable OLT, the problem is to achieve requested throughput of access equipment on general-purpose hardware. We evaluated throughput of functions of PON system, modulation/demodulation signal processing, error correction and cipher, on simulator of many-core CPU and show a consider policy. In addition, cipher algorithm is implemented on CPU/GPU. The results show throughput of 1.12 Gbps with CTR-AES-128 and 1.13 Gbps with GCM-AES-128 on CPU. In addition, they show throughput of 5.37 Gbps with CTR-AES-128 and 914 Mbps with GCM-AES-128 on GPU. They show the feasibility of software implementation of 1-Gbps-class cipher processing.
キーワード (和) アクセスネットワーク / NFV / 暗号化 / 並列処理 / GPU / / /  
(英) Access network / NFV / Cipher / Parallelization / GPU / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 9, CS2016-1, pp. 1-6, 2016年4月.
資料番号 CS2016-1 
発行日 2016-04-14 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CS CQ NV  
開催期間 2016-04-21 - 2016-04-22 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) SDN(Software-Defined Networking),NFV(Network Functions Virtualization),ネットワーク仮想化,クラウド,サービス品質,コンテンツ配信,一般 
テーマ(英) SDN (Software-Defined Networking), NFV(Network Functions. Virtualization), Network Virtualization, Cloud, Service Quality, Contents Delivery, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2016-04-CS-CQ-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 光アクセス装置プログラマブル化に向けたCPU/GPUによる暗号化の並列実装の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Parallel Implementation of Cipher on CPU/GPU for Programmable Optical Access Equipment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アクセスネットワーク / Access network  
キーワード(2)(和/英) NFV / NFV  
キーワード(3)(和/英) 暗号化 / Cipher  
キーワード(4)(和/英) 並列処理 / Parallelization  
キーワード(5)(和/英) GPU / GPU  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 貴大 / Takahiro Suzuki / スズキ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) キム サンヨプ / Sang-Yuep Kim / キム サンヨプ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 可児 淳一 / Jun-ichi Kani / カニ ジュンイチ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 謙一 / Ken-Ichi Suzuki / スズキ ケンイチ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大高 明浩 / Akihiro Otaka /
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-04-21 10:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2016-1 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.9 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2016-04-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会