お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-04-21 20:00
[依頼講演]物理層秘匿性を有するSCMA伝送方式の検討
岡本英二國友啓佑名工大RCS2016-8
抄録 (和) 近年大容量化の実現のため,無線アクセス系において重畳した無線資源配置を許容し,直交資源配置よりも高密度な伝送を行う,非直交多元接続手法が検討されている.その手法の一つに,複数ユーザの重畳信号を低密度に伝送するLDS(low-density signature)とSCMA(sparse code multiple access)が提案されている.これらは各ユーザのマッピング信号を重畳させて高密度伝送を行っており,150%程度のoverload伝送が実現される.特にSCMAでは,マッピング信号としてランダムに近い信号を伝送している.これにより振幅が一定の信号のLDSに比べてシェーピングゲインを獲得している.ところで,我々は物理層秘匿性と符号化利得を有するカオスMIMO(multiple-input multiple-output)を提案しているが,伝送信号はガウス雑音であるため,これをSCMAに適用することができる.そこで本稿ではカオスを用いた物理層秘匿性を有するSCCMA(sparse chaos code multiple access)手法を提案し,その特性を計算機シミュレーションによって評価する. 
(英) To realize higher-capacity wireless access systems, a non-orthogonal multiple access (NOMA) scheme, in which a superimposed radio resource allocation is allowed and dense multiple access is enabled, has been studied recently. As one of NOMA technologies, low-density signature (LDS) and sparse code multiple access (SCMA) have been proposed. In these schemes, mapping signals are superimposed in a round robin scheduling manner, and an overloaded transmission up to about 150 % is conducted. In particular, SCMA utilizes near-random signatures as mapping signal, and a shaping gain is obtained over LDS that has almost a constant signal envelope. Here, we have proposed a chaos multiple-input multiple-output (C-MIMO) transmission scheme that has both physical layer security ability and channel coding gain, and the transmit waveform of C-MIMO is Gaussian. Thus, the principle of C-MIMO can be applied into SCMA. Therefore, in this paper, we propose a sparse chaos code multiple access (SCCMA) scheme that has overloaded transmission function and physical layer security. The performances of bit error rate and security are shown through computer simulations.
キーワード (和) 非直交多元接続 / カオス / SCMA / LDS / 物理層秘匿性 / / /  
(英) non-orthogonal multiple access / chaos / sparse code multiple access / low-density signature / physical layer security / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 11, RCS2016-8, pp. 41-46, 2016年4月.
資料番号 RCS2016-8 
発行日 2016-04-14 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2016-8

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2016-04-21 - 2016-04-22 
開催地(和) 弘前市・星と森のロマントピア 
開催地(英) Romantopia, A Landscape of Forest and Stars, Hirosaki City 
テーマ(和) 鉄道,車車間・路車間通信,無線アクセス技術,一般 
テーマ(英) Radio Access Technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2016-04-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 物理層秘匿性を有するSCMA伝送方式の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on sparse chaos code multiple access scheme for physical layer security 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 非直交多元接続 / non-orthogonal multiple access  
キーワード(2)(和/英) カオス / chaos  
キーワード(3)(和/英) SCMA / sparse code multiple access  
キーワード(4)(和/英) LDS / low-density signature  
キーワード(5)(和/英) 物理層秘匿性 / physical layer security  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 英二 / Eiji Okamoto / オカモト エイジ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 國友 啓佑 / Keisuke Kunitomo / クニトモ ケイスケ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-04-21 20:00:00 
発表時間 15 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2016-8 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.11 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2016-04-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会