電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-04-21 11:35
NG-PON2の波長切替およびDBAシミュレーション
中山 悠安永遼真中村浩崇寺田 純大高明浩NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 将来のアクセスネットワーク技術として,NG-PON2(Next-Generation Passive Optical Network 2)の活用が期待されている.NG-PON2に多様なサービスを収容するためには,様々なQoS(Quality of Service)要求を満たせる動的帯域割当(DBA:Dynamic Bandwidth Allocation)や動的波長割当(DWA:Dynamic Wavelength Allocation)に関する研究を進めることが重要である.NG-PON2の開発はまだ初期段階にあるため,シミュレーションにより評価を行うことは非常に有効である.本稿では筆者らが作成したNG-PON2シミュレータについて述べ,これを用いた波長切替およびDBAシミュレーションの結果を示す. 
(英) The next-generation passive optical network 2 (NG-PON2) is regarded as the key technology for future Internet access networks. The bandwidth and power consumption of NG-PON2 must be scalable, flexible, and efficient to satisfy various QoS (Quality of Service) requirements and provide various services. Since work on NG-PON2 is still in its early stages, a simulation of NG-PON2 would be useful and effective in terms of its development and deployment. In this paper we introduce an NG-PON2 simulator and show simulation results of wavelength channel tuning and DBA algorithms using the simulator.
キーワード (和) Passive optical network / NG-PON2 / Internet access network / DWA / DBA / / /  
(英) Passive optical network / NG-PON2 / Internet access network / DWA / DBA / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 9, CS2016-3, pp. 13-18, 2016年4月.
資料番号 CS2016-3 
発行日 2016-04-14 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CS CQ NV  
開催期間 2016-04-21 - 2016-04-22 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) SDN(Software-Defined Networking),NFV(Network Functions Virtualization),ネットワーク仮想化,クラウド,サービス品質,コンテンツ配信,一般 
テーマ(英) SDN (Software-Defined Networking), NFV(Network Functions. Virtualization), Network Virtualization, Cloud, Service Quality, Contents Delivery, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2016-04-CS-CQ-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) NG-PON2の波長切替およびDBAシミュレーション 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Simulation of wavelength channel tuning and DBA for NG-PON2 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Passive optical network / Passive optical network  
キーワード(2)(和/英) NG-PON2 / NG-PON2  
キーワード(3)(和/英) Internet access network / Internet access network  
キーワード(4)(和/英) DWA / DWA  
キーワード(5)(和/英) DBA / DBA  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 悠 / Yu Nakayama / ナカヤマ ユウ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 安永 遼真 / Ryoma Yasunaga / ヤスナガ リョウマ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 浩崇 / Hirotaka Nakamura / ナカムラ ヒロタカ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺田 純 / Jun Terada / テラダ ジュン
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大高 明浩 / Akihiro Otaka / オオタカ アキヒロ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-04-21 11:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2016-3 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.9 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2016-04-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会