お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-04-21 16:45
それぞれ粒径の異なるナノ粒子を散布して作製した2種類の単一電子素子
守屋雅隆Tran Thi Thu Huong松本和彦島田 宏電通大)・木村康男東京工科大)・平野愛弓東北大)・水柿義直電通大ED2016-6 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2016-6
抄録 (和) ナノ粒子を三角格子上に分散させた場合の電極間の接続確率を、パーコレーション理論に基づき計算した.ソース-ドレイン間が接続され、ゲート電極が孤立した状態の接続確率を、粒子径が小さい場合と5倍大きい場合について計算で求めた.チップ上に電極を作製し、金ナノ粒子溶液の滴下を繰り返すことによって素子を作製した.電極間抵抗測定の結果から接続確率を求め、パーコレーション理論に基づく計算結果にフィッティングさせた. 
(英) We have calculated the connection probability between the source and the drain electrode based on triangular lattice percolation model. The connection probability between the source and the drain were calculated for small particle and for large particle whose diameter is 5 times larger than that of the small one. Electrodes were fabricated on chips and gold nano particles were dispersed by repeating dropping gold nano particle solution onto the chip. Experimental results obtained from resistance measurement between the source and the drain electrodes were fitted to calculated results.
キーワード (和) 金ナノ粒子 / 分散 / パーコレーション / / / / /  
(英) Gold nano particle / Dispersion / Percolation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 14, ED2016-6, pp. 21-26, 2016年4月.
資料番号 ED2016-6 
発行日 2016-04-14 (ED) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ED2016-6 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2016-6

研究会情報
研究会 ED  
開催期間 2016-04-21 - 2016-04-22 
開催地(和) 山形大学工学部 有機EL研究センター 4F大会議室 
開催地(英)  
テーマ(和) 有機デバイス、酸化物デバイス、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ED 
会議コード 2016-04-ED 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) それぞれ粒径の異なるナノ粒子を散布して作製した2種類の単一電子素子 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Two kinds of single electron devices fabricated by dispersion of gold nano particles with different diameter 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 金ナノ粒子 / Gold nano particle  
キーワード(2)(和/英) 分散 / Dispersion  
キーワード(3)(和/英) パーコレーション / Percolation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 守屋 雅隆 / Masataka Moriya / モリヤ マサタカ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Tran Thi Thu Huong / Tran Thi Thu Huong / チャン フーン
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 和彦 / Kazuhiko Matsumoto / マツモト カズヒコ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 島田 宏 / Hiroshi Shimada / シマダ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 康男 / Yasuo Kimura / キムラ ヤスオ
第5著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ. Technology)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 平野 愛弓 / Ayumi Hirano-Iwata / ヒラノ アユミ
第6著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 水柿 義直 / Yoshinao Mizugaki / ミズガキ ヨシナオ
第7著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-04-21 16:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ED 
資料番号 IEICE-ED2016-6 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.14 
ページ範囲 pp.21-26 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ED-2016-04-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会