電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-29 09:00
[ポスター講演]パラメリックスピーカの音場特性解析に関する検討
別所宏晃史 創梶川嘉延関西大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では,パラメトリックスピーカの音場特性解析について,その解析方法および解析結果について述べる.近年,パラメトリックスピーカの普及に伴い,ある所望の場所にのみ音を伝えそれ以外の場所には音を伝えないオーディオスポットの技術が注目されている.このパラメトリックアレイの音響特性は,KZK 方程式などの非線形
音波ビーム式によって理論予測できる.
本稿では,オーディオスポットにてユーザが聴くバイノーラル音源を数値解析により生成することを目的とし,指向性音源を精度よく記述しているKZK 方程式を用いて音場特性の解析を行う. 
(英) In this paper, we describe the sound field analysis for parametric array loudspeaker. Recently, with the spread of parametric array loudspeaker, the audio-spot technique that can send a desired sound to a desired location has been attracted. This acoustic characteristics can be theoretically estimated by using nonlinear acoustic sound beam equations such as the KZK equation.
In this paper, we examine the sound field analysis of parametric array loudspeaker based on the KZK equation in order to establish binaural sound creation method using the numerical analysis.
キーワード (和) パラメトリックスピーカ / KZK方程式 / DSBAM / SRAM / / / /  
(英) Parametric array loudspeaker / KZK equation / DSBAM / SRAM / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 521, EA2015-109, pp. 237-241, 2016年3月.
資料番号 EA2015-109 
発行日 2016-03-21 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA SP SIP  
開催期間 2016-03-28 - 2016-03-29 
開催地(和) 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza 
開催地(英) Beppu International Convention Center B-ConPlaza 
テーマ(和) 応用/電気音響,音声,信号処理,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Speech, Signal Processing, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2016-03-EA-SP-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パラメリックスピーカの音場特性解析に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Sound Field Analysis for Parametric Array Loudspeaker 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) パラメトリックスピーカ / Parametric array loudspeaker  
キーワード(2)(和/英) KZK方程式 / KZK equation  
キーワード(3)(和/英) DSBAM / DSBAM  
キーワード(4)(和/英) SRAM / SRAM  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 別所 宏晃 / Hiroaki Bessho / ベッショ ヒロアキ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 史 創 / Chuang Shi / シ チュアン
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 梶川 嘉延 / Yoshinobu Kajikawa / ヨシノブ カジカワ
第3著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-29 09:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2015-109,IEICE-SIP2015-158,IEICE-SP2015-137 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.521(EA), no.522(SIP), no.523(SP) 
ページ範囲 pp.237-241 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EA-2016-03-21,IEICE-SIP-2016-03-21,IEICE-SP-2016-03-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会