電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-29 09:00
[ポスター講演]位相最適化に基づく波形振幅リミッター
柿谷 彬齋藤大輔小杉康宏峯松信明東大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 音質変化を最小限に留めながら音源波形のピーク値を低減させる手法として、聴覚が位相変化に鈍感であるという特性を利用した手法が提案されている。従来手法のアルゴリズムは位相操作の副作用として、STFT振幅スペクトルまで歪めるといった問題点があり、本報告ではこの歪みを二乗誤差の意味で最小化するピーク値低減アルゴリズムを提案する。客観音質評価法PEAQによる評価では、4曲中3曲で提案手法が従来手法より優れたスコアを示した。一方、主観音質評価法MUSHRAによる評価では、提案手法の優位性は観測されなかった。 
(英) In order to reduce the peak value of source waveforms without quality degradation, a novel method is proposed. In this method, by exploiting the characteristics of human auditory system, which is often said to be insensitive to phase changes, peak value reduction is made possible. The proposed method is an improved version of our previous study, which manipulated the waveforms mainly based on phase control. In the conventional algorithm, however, amplitude characteristics have to be altered to some degree. The proposed method attempts to minimize the change of amplitude characteristics. Evaluation experiments show that the proposed method outperforms the conventional one in a PEAQ test but the superiority is not found in a MUSHRA test.
キーワード (和) リミッター / 短時間フーリエ変換 / 補助関数法 / 反復STFT法 / 凸二次計画問題 / / /  
(英) amplitude limiters / short-time Fourier transform / auxiliary function technique / iterative STFT algorithm / convex quadratic programming / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 523, SP2015-139, pp. 249-254, 2016年3月.
資料番号 SP2015-139 
発行日 2016-03-21 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA SP SIP  
開催期間 2016-03-28 - 2016-03-29 
開催地(和) 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza 
開催地(英) Beppu International Convention Center B-ConPlaza 
テーマ(和) 応用/電気音響,音声,信号処理,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Speech, Signal Processing, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2016-03-EA-SP-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 位相最適化に基づく波形振幅リミッター 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Amplitude limiters based on phase optimization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) リミッター / amplitude limiters  
キーワード(2)(和/英) 短時間フーリエ変換 / short-time Fourier transform  
キーワード(3)(和/英) 補助関数法 / auxiliary function technique  
キーワード(4)(和/英) 反復STFT法 / iterative STFT algorithm  
キーワード(5)(和/英) 凸二次計画問題 / convex quadratic programming  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 柿谷 彬 / Akira Kakitani / カキタニ アキラ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 大輔 / Daisuke Saito / サイトウ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小杉 康宏 / Yasuhiro Kosugi / コスギ ヤスヒロ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 峯松 信明 / Nobuaki Minematsu / ミネマツ ノブアキ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-29 09:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-EA2015-111,IEICE-SIP2015-160,IEICE-SP2015-139 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.521(EA), no.522(SIP), no.523(SP) 
ページ範囲 pp.249-254 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2016-03-21,IEICE-SIP-2016-03-21,IEICE-SP-2016-03-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会