電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-29 09:00
[ポスター講演]ネットワーク聴覚ディスプレイに基づくバーチャルコンサートシステムの開発と評価
伊藤修平岩谷幸雄東北学院大)・大谷 真京大)・土屋隆生同志社大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 聴覚ディスプレイは両耳の刺激により仮想的な3 次元音空間を提示するシステムである.従来聴覚ディスプレイは,HRTFなどの畳み込みをDSP(digital signal processor)やネイティブCPUで行っていたが,高速ネットワークが使える現在において長いインパルス応答等の高精細レンダリングを考えた場合,高性能なコンピュータをサーバとしてネットワーク経由でレンダリングする方が,柔軟で汎用的なシステムができると考えられる.我々は,ネットワーク型の聴覚ディスプレイシステムを開発し,これを活用したバーチャルコンサートシステムを構築した.演者のアバターとしての3Dキャラクタ歌手の動きについてはKinectより制御し,前向き,後ろ向きなどの音源指向性や,頭部運動に感応するシステムである.本システムの概要について報告する. 
(英) Auditory display is a system for presenting a virtual 3D sound space by sound stimulus toward both ears. In a conventional auditory display, short length impulse responses, such as head-related transfer functions, are convolved with DSP (digital signal processor) or native CPU. However, when considering the high resolution rendering of the long impulse response or native CPU. Nowadays, we can obtain high-speed internet. Therefore, sound rendering with remote high-performance server becomes available. The remote rendering gives us flexible and versatile system. In this report, we have developed a network auditory display system. With the network auditory display, we constructed a virtual concert system. A virtual singer as an avatar in the real world, can be controlled by Kinect. For the sound rendering, we can realized, position, distance, and directivity of the singer. We report on the overview of the system of network type auditory display constructed.
キーワード (和) 聴覚ディスプレイ / バーチャルリアリティ / Kinect / ヘッドマウントディスプレイ / / / /  
(英) Auditory Display / Virtual Auditory Display / Virtual reality / Kinect / Head mounted display / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 521, EA2015-101, pp. 193-196, 2016年3月.
資料番号 EA2015-101 
発行日 2016-03-21 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA SP SIP  
開催期間 2016-03-28 - 2016-03-29 
開催地(和) 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza 
開催地(英) Beppu International Convention Center B-ConPlaza 
テーマ(和) 応用/電気音響,音声,信号処理,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Speech, Signal Processing, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2016-03-EA-SP-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ネットワーク聴覚ディスプレイに基づくバーチャルコンサートシステムの開発と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A virtual concert system based on network auditory display system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 聴覚ディスプレイ / Auditory Display  
キーワード(2)(和/英) バーチャルリアリティ / Virtual Auditory Display  
キーワード(3)(和/英) Kinect / Virtual reality  
キーワード(4)(和/英) ヘッドマウントディスプレイ / Kinect  
キーワード(5)(和/英) / Head mounted display  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 修平 / Shuhei Ito / イトウ シュウヘイ
第1著者 所属(和/英) 東北学院大学 (略称: 東北学院大)
Tohoku Gakuin University (略称: Tohoku Gakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩谷 幸雄 / Yukio Iwaya / イワヤ ユキオ
第2著者 所属(和/英) 東北学院大学 (略称: 東北学院大)
Tohoku Gakuin University (略称: Tohoku Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大谷 真 / Makoto Otani / オオタニ マコト
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 土屋 隆生 / Takao Tsuchiya /
第4著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-29 09:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2015-101,IEICE-SIP2015-150,IEICE-SP2015-129 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.521(EA), no.522(SIP), no.523(SP) 
ページ範囲 pp.193-196 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EA-2016-03-21,IEICE-SIP-2016-03-21,IEICE-SP-2016-03-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会