電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-29 09:00
[ポスター講演]Majorisation-minimization based composite autoregressive system optimization with a glottal source model prior
Lauri JuvelaAalto Univ.)・Hirokazu KameokaTokyo Univ.)・Junichi YamagishiNII
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 声帯音源逆フィルタリングにより音声から声帯音源波形を高精度に推定することができればパラメトリッ ク音声合成における駆動音源のモデル化に有用である。以前著者らは,音声スペクトログラム全体の情報から音声の 高精度なソースフィルタ分解を可能にする複合自己回帰系と呼ぶ統計モデルを提案している。本稿では,声帯音源モ デルを組み込んだ複合自己回帰系による声帯音源逆フィルタリング法を提案する。また,従来の複合自己回帰系のパ ラメータ推定アルゴリズム(EM アルゴリズム)に比べて高い収束性能をもつ新しいパラメータ推定アルゴリズムを 補助関数法に基づいて導く。 
(英) The Composite Autoregressive System solves the speech source-filter decomposition problem in a robust manner and can be modified for glottal inverse filtering by introducing a source spectral tilt via a glottal model based prior. This type of inverse filtering has further applications in excitation modelling for parametric speech synthesis. In this work we derive new majorisation-minimization based update rules for the Composite Autoregressive model, resulting in faster convergence compared to the original EM-based approach. Additionally, we introduce generalised Gamma distribution priors that provide more flexibility in the optimization and enable the use of an informative prior for the glottal source spectrum.
キーワード (和) 複合自己回帰系 / 声帯音源逆フィルタリング / 補助関数法 / Liljencrants-Fant (LF) モデル / / / /  
(英) Composite autoregressive system / Glottal inverse filtering / Majorization-Minimization / LF model / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 523, SP2015-143, pp. 273-278, 2016年3月.
資料番号 SP2015-143 
発行日 2016-03-21 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA SP SIP  
開催期間 2016-03-28 - 2016-03-29 
開催地(和) 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza 
開催地(英) Beppu International Convention Center B-ConPlaza 
テーマ(和) 応用/電気音響,音声,信号処理,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Speech, Signal Processing, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2016-03-EA-SP-SIP 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Majorisation-minimization based composite autoregressive system optimization with a glottal source model prior 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 複合自己回帰系 / Composite autoregressive system  
キーワード(2)(和/英) 声帯音源逆フィルタリング / Glottal inverse filtering  
キーワード(3)(和/英) 補助関数法 / Majorization-Minimization  
キーワード(4)(和/英) Liljencrants-Fant (LF) モデル / LF model  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Lauri Juvela / Lauri Juvela /
第1著者 所属(和/英) アールト大学 (略称: アールト大)
Aalto University (略称: Aalto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀岡 弘和 / Hirokazu Kameoka /
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Tokyo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岸 順一 / Junichi Yamagishi /
第3著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-29 09:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-EA2015-115,IEICE-SIP2015-164,IEICE-SP2015-143 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.521(EA), no.522(SIP), no.523(SP) 
ページ範囲 pp.273-278 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2016-03-21,IEICE-SIP-2016-03-21,IEICE-SP-2016-03-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会