電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-29 09:00
[ポスター講演]聴覚マスキングに基づく鉄道ブレーキ音に対する不快感低減法の検討
岡安清香生藤大典福森隆寛中山雅人西浦敬信立命館大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,鉄道ブレーキ音の不快感低減法について述べる.我々は従来より,音を別の音(制御音) で覆い隠す聴覚マスキングという現象に基づいた騒音の不快感低減法を提案してきた. 従来の聴覚マスキングに基づく不快感低減法では定常な騒音に定常な制御音を加えることによって不快感低減を実現していた.しかし,非定常な騒音に対して従来法を適用すると,非定常な騒音に定常な制御音を加えるため,十分な不快感低減が実現できない. そこで,本稿では騒音の時間変動に追従した制御音で騒音の不快成分を覆い隠す不快感低減法を提案する.提案法では,騒音に対する制御音を一定時間毎に更新することで,時間変動に追従した制御音を生成する.提案法の有効性を確認するために,主観評価実験を実施した.主観評価実験の結果より,提案した不快感低減法は,鉄道ブレーキ音のような時間変動の伴う非定常な騒音の不快感低減に有効であることを確認した. 
(英) In this paper, we report a discomfort reduction method for railway brake sounds.We have previously proposed a discomfort reduction method for stationary noises based on auditory masking. In the previous method, discomfort reduction is realized by hearing stationary noise and stationary masker signal at the same time. However, the previous method has a problem that the noise reduction is not highly performed if a noise is non-stationary sound such as a railway brake sound. Because of that, the previous method adds stationary masker signals to non-stationary railway brake sounds. In this paper, we therefore propose a discomfort reduction method for non-stationary railway brake sounds by updating non-stationary masker signals at regular intervals. We carried out subjective and objective evaluation experiments with the railway brake sounds added the masker signals. As a result, we confi rmed the effectiveness of the proposed method.
キーワード (和) 鉄道ブレーキ音 / 聴覚マスキング / 不快感低減 / 制御音 / / / /  
(英) Railway brake sound / Auditory masking / Discomfort reduction / Control sound / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 522, SIP2015-169, pp. 299-304, 2016年3月.
資料番号 SIP2015-169 
発行日 2016-03-21 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA SP SIP  
開催期間 2016-03-28 - 2016-03-29 
開催地(和) 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza 
開催地(英) Beppu International Convention Center B-ConPlaza 
テーマ(和) 応用/電気音響,音声,信号処理,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Speech, Signal Processing, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2016-03-EA-SP-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 聴覚マスキングに基づく鉄道ブレーキ音に対する不快感低減法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Auditory Masking toward Discomfort Reduction of Railway Brake Sounds 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 鉄道ブレーキ音 / Railway brake sound  
キーワード(2)(和/英) 聴覚マスキング / Auditory masking  
キーワード(3)(和/英) 不快感低減 / Discomfort reduction  
キーワード(4)(和/英) 制御音 / Control sound  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡安 清香 / Sayaka Okayasu / オカヤス サヤカ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan University)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 生藤 大典 / Daisuke Ikefuji / イケフジ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan University)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福森 隆寛 / Takahiro Fukumori / フクモリ タカヒロ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan University)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 雅人 / Masato Nakayama / ナカヤマ マサト
第4著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan University)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 西浦 敬信 / Takanobu Nishiura / ニシウラ タカノブ
第5著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan University)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-29 09:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-EA2015-120,IEICE-SIP2015-169,IEICE-SP2015-148 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.521(EA), no.522(SIP), no.523(SP) 
ページ範囲 pp.299-304 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2016-03-21,IEICE-SIP-2016-03-21,IEICE-SP-2016-03-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会