電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-29 14:40
電気音声強調のための統計的F0予測におけるProduct-of-ExpertsによるF0パターン生成過程モデルの導入
田中 宏奈良先端大)・亀岡弘和Nippon Telegraph and Telephone Corporation)・戸田智基名大/奈良先端大)・中村 哲奈良先端大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) これまで我々は,電気式人工喉頭を用いた音声(電気音声)の自然性改善のため,電気音声のスペクトル特徴量系列から通常音声の基本周波数(F0)パターンを予測する統計的音源予測法を提案しており,電気音声をより自然性の高い音声に変換できることを実験的に確認している.この手法では統計的な意味で尤もらしいF0パターンが得られるが,予測処理においてF0パターンの物理的な生成過程が考慮されていないため,人間が発声し得ないような不自然なF0パターンが生成される場合があった.近年,F0パターンの制御機構の確率モデルが提案されており,本報告では当該モデルと統計的音源予測法の確率モデルをProduct-of-Expertsの枠組により統合することで,F0パターンの物理的な生成過程の制約を満たしながら電気音声の特徴量系列に対応するF0パターンを予測することを可能にする統計的音源予測法を提案する.電気音声を用いたF0パターンの予測実験を行い,従来法に比べて高いF0パターン予測精度と高い自然性の音声が得られることを確認した. 
(英) We have previously proposed a statistical fundamental frequency (F0) prediction method that makes it possible to predict the underlying F0 contour of electrolaryngeal (EL) speech from its spectral feature sequence. Although this method was shown to contribute to improving the naturalness of EL speech as a whole, the predicted F0 contour was still unnatural compared with that in normal speech. One possible solution to improve the naturalness of the predicted F0 contours would be to take account of the physical mechanism of vocal phonation. Recently a statistical model of voice F0 contours was formulated by constructing a stochastic counterpart of the Fujisaki model, a well-founded mathematical model representing the control mechanism of vocal fold vibration. This paper proposes a Product-of-Experts model to incorporate this generative model of voice F0 contours into the statistical F0 prediction model. Experimental results revealed that the proposed method successfully outperformed our previously proposed method in terms of the naturalness of the predicted F0 contours.
キーワード (和) Product-of-Experts / 統計的音源予測 / 藤崎モデル / 電気音声 / 電気式人工喉頭 / / /  
(英) Product-of-Experts / statistical F0 prediction / Fujisaki model / electrolaryngeal speech / electrolarynx / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 523, SP2015-161, pp. 373-377, 2016年3月.
資料番号 SP2015-161 
発行日 2016-03-21 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA SP SIP  
開催期間 2016-03-28 - 2016-03-29 
開催地(和) 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza 
開催地(英) Beppu International Convention Center B-ConPlaza 
テーマ(和) 応用/電気音響,音声,信号処理,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Speech, Signal Processing, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2016-03-EA-SP-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電気音声強調のための統計的F0予測におけるProduct-of-ExpertsによるF0パターン生成過程モデルの導入 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Product-of-Experts approach to integration of F0 generative process model to statistical F0 prediction for electrolaryngeal speech enhancement 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Product-of-Experts / Product-of-Experts  
キーワード(2)(和/英) 統計的音源予測 / statistical F0 prediction  
キーワード(3)(和/英) 藤崎モデル / Fujisaki model  
キーワード(4)(和/英) 電気音声 / electrolaryngeal speech  
キーワード(5)(和/英) 電気式人工喉頭 / electrolarynx  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 宏 / Kou Tanaka / タナカ コウ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀岡 弘和 / Hirokazu Kameoka / カメオカ ヒロカズ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: Nippon Telegraph and Telephone Corporation)
NTT Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸田 智基 / Tomoki Toda / トダ トモキ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学/奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 名大/奈良先端大)
The University of Nagoya/Nara Institute of Science and Technology (略称: The University of Nagoya/NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 哲 / Satoshi Nakamura / ナカムラ サトシ
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-29 14:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-EA2015-133,IEICE-SIP2015-182,IEICE-SP2015-161 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.521(EA), no.522(SIP), no.523(SP) 
ページ範囲 pp.373-377 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EA-2016-03-21,IEICE-SIP-2016-03-21,IEICE-SP-2016-03-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会