電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-29 09:00
[ポスター講演]超指向性スピーカと超解像信号処理を組み合わせた音響センシングの基礎検討
朝倉裕也大久保 寛田川憲男首都大東京
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) これまで音波を使ったセンシングでは,生体内や水中などの分野では実用が進んでいるが,空中においては必ずしも十分な成果が得られているとはいえない.理由としては,周囲の環境に影響を受けやすく,空気中での減衰によってSN 比が低下することで,遠くの物体を検出できないことが挙げられる.送信信号を低周波(可聴領域) にすることで,空中で減衰しにくくなり,遠くの物体まで検出することができるが,波長が長いために空間分解能が低くなってしまい,さらに音波の周波数が低くなることで,一般的に放射指向性が広がってしまい,画像化した場合に虚像が現れる可能性が高くなる.そこで,本研究ではSCM-MUSIC アルゴリズムによる超解像信号処理により,その低下した空間分解能を高める手法を適用する.さらに,超指向性スピーカを用い,測定対象物を狙って信号を照射することで,可聴音域を利用した場合にも周囲の環境による影響を軽減できると考えられる.本研究では,SCM-MUSICアルゴリズムを用いた超解像手法と超指向性スピーカを組み合わた空中音響センシングを提案し,その有効性を評価した.実験の結果,SCM-MUSIC アルゴリズムを適用することで,距離方向の分解能をを12 分の1 程度以下にできることを明らかにした. 
(英) Acoustic sensing technology in the air is a promising method to acquire shapes and/or position of a targetobject. Universal and smart technology, however, cannot be sufficiently established because of various acousticenvironmental noises, attenuation effect, etc. To overcome this problems, in this study we examine acoustic sensingin the air using super-directivity speaker and super-resolution signal processing. Our experimental results suggestthat combination of super-directivity speaker and super-resolution signal processing enables high-resolution acousticimaging. Additionally, we discuss the feasibility of far-field high resolution imaging by the proposed method
キーワード (和) アコースティックイメージング / 音響センシング / 超解像手法 / 超指向性スピーカ / SCM / / /  
(英) acoustic imaging / acoustic sensing / super-resolution / parametric-speaker / SCM / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 522, SIP2015-166, pp. 283-286, 2016年3月.
資料番号 SIP2015-166 
発行日 2016-03-21 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA SP SIP  
開催期間 2016-03-28 - 2016-03-29 
開催地(和) 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza 
開催地(英) Beppu International Convention Center B-ConPlaza 
テーマ(和) 応用/電気音響,音声,信号処理,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Speech, Signal Processing, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2016-03-EA-SP-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超指向性スピーカと超解像信号処理を組み合わせた音響センシングの基礎検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Examination of Acoustic Sensing Using Super-directivity Speaker and Super-resolution Signal Processing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アコースティックイメージング / acoustic imaging  
キーワード(2)(和/英) 音響センシング / acoustic sensing  
キーワード(3)(和/英) 超解像手法 / super-resolution  
キーワード(4)(和/英) 超指向性スピーカ / parametric-speaker  
キーワード(5)(和/英) SCM / SCM  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 朝倉 裕也 / Yuya Asakura / アサクラ ユウヤ
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Met. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大久保 寛 / Kan Okubo / オオクボ カン
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Met. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田川 憲男 / Norio Tagawa / タガワ ノリオ
第3著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Met. Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-29 09:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-EA2015-117,IEICE-SIP2015-166,IEICE-SP2015-145 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.521(EA), no.522(SIP), no.523(SP) 
ページ範囲 pp.283-286 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EA-2016-03-21,IEICE-SIP-2016-03-21,IEICE-SP-2016-03-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会