電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-29 09:00
[ポスター講演]残響環境下における話者照合のための逐次適応を用いたスコア統合重みの推定
中西亮介塩田さやか貴家仁志首都大東京
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,スコア統合による話者照合のための残響に頑健なスコア統合重みの推定法を提案する.
実環境下において,話者照合システムの性能は背景雑音や残響による影響を受けて低下してしまうという問題がある.
そのため背景雑音や残響に対する頑健性を改善するためのさまざまな手法が研究されている.
頑健性を改善するために複数の識別器を用い,各識別器の識別結果を統合するスコア統合がある.
本研究ではスコア統合で重要となる適切な統合重みを推定するために,残響環境下における複数のSNRモデルを用いた逐次適応を行う.
提案法の性能を評価するために,QUT-NOISE-SRE protocol を使用して残響を重畳したデータを用いた話者照合実験を行い,提案法は残響に対して頑健であることを確認した. 
(英) This paper proposes a weight estimation method for automatic speaker verification (ASV) using score fusion in noisy reverberant environment.
It is well known that background noise and reverberation affect the performances of ASV systems.
Various techniques have been reported to improve robustness against these background noise and reverberation, and score fusion is one of the effective methods.
However, the score fusion requires an adequate weight estimation method.
The proposed method estimates an adequate weight in noisy reverberant environment by using a supervised adaptation with some SNR models.
The QUT-NOISE-SRE protocol is used for simulating the reverberation of the clean speech in the experiments.
The experimental results show that the proposed weight estimation method provides a high performance in noisy reverberant environment.
キーワード (和) 話者照合 / GMM-UBM / スコア統合 / 重み推定 / 残響環境下 / / /  
(英) speaker verification / GMM-UBM / score fusion / weight estimation / noisy reverberant enviroments / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 523, SP2015-142, pp. 267-272, 2016年3月.
資料番号 SP2015-142 
発行日 2016-03-21 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA SP SIP  
開催期間 2016-03-28 - 2016-03-29 
開催地(和) 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza 
開催地(英) Beppu International Convention Center B-ConPlaza 
テーマ(和) 応用/電気音響,音声,信号処理,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Speech, Signal Processing, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2016-03-EA-SP-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 残響環境下における話者照合のための逐次適応を用いたスコア統合重みの推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Speaker verification using weight-adapted score fusion in noisy reverberant environments 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 話者照合 / speaker verification  
キーワード(2)(和/英) GMM-UBM / GMM-UBM  
キーワード(3)(和/英) スコア統合 / score fusion  
キーワード(4)(和/英) 重み推定 / weight estimation  
キーワード(5)(和/英) 残響環境下 / noisy reverberant enviroments  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中西 亮介 / Ryosuke Nakanishi / ナカニシ リョウスケ
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩田 さやか / Sayaka Shiota / シオタ サヤカ
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 貴家 仁志 / Hitoshi Kiya / キヤ ヒトシ
第3著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-29 09:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-EA2015-114,IEICE-SIP2015-163,IEICE-SP2015-142 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.521(EA), no.522(SIP), no.523(SP) 
ページ範囲 pp.267-272 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2016-03-21,IEICE-SIP-2016-03-21,IEICE-SP-2016-03-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会