電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-29 09:00
[ポスター講演]パワースケジューリングを用いるPre-inverse型ANC
皆木亮祐大槻和志笹岡直人伊藤良生鳥取大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,Pre-inverse型構成を用いるフィードフォワード型Active Noise Control (ANC) において,2次経路のオンライン推定時のためのディザノイズに対しパワースケジューリングを導入する.Pre-inverse型ANCは2次経路の伝達関数を推定するフィルタからその逆伝達関数を推定し,これを2次経路の前段に配置することにより2次経路の影響を抑えることができる.本提案手法ではパワースケジューリングを2段階で行う.始動時や経路変動時はパワースケジューリングを用いディザノイズの電力制御を行う.そして,システム収束後はディザノイズの注入を停止する.また,注入停止後の経路変動に対応するために,参照マイクで得られる騒音と誤差マイクで得られるシステム誤差の電力比を監視しディザノイズの再注入を行う.これにより, 2次経路のオンライン推定時に消音スピーカからディザノイズを注入することにより生じる雑音除去性能が低下する問題を改善する. 
(英) Pre-inverse type active noise control (ANC) estimates the inverse filter of a secondary path, and its filter is introduced before the secondary path, Thus, the ANC suppresses noise. However, the auxiliary noise is required in order to estimate the secondary path. However, the auxiliary noise causes the degradation of noise reduction performance. Therefore, in this paper, a power scheduling is introduced into an ANC based on a pre-inverse type structure. The paper method performs the power scheduling by two stages. In a first stage when the ANC starts and the path are changed after stopping, the ANC system injects the auxiliary noise according to the power ratio between input noise and error. In second stage when the adaptive filters converge enough, the ANC system stops injecting the auxiliary noise. Therefore, the noise reduction performance can be improved.
キーワード (和) フィードフォワード型能動騒音制御 / 適応フィルタ / パワースケジューリング / / / / /  
(英) feed forward type active noise control / Adaptive Filter / Power Scheduling / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 522, SIP2015-168, pp. 293-298, 2016年3月.
資料番号 SIP2015-168 
発行日 2016-03-21 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA SP SIP  
開催期間 2016-03-28 - 2016-03-29 
開催地(和) 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza 
開催地(英) Beppu International Convention Center B-ConPlaza 
テーマ(和) 応用/電気音響,音声,信号処理,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Speech, Signal Processing, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2016-03-EA-SP-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パワースケジューリングを用いるPre-inverse型ANC 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Pre-invese Type Active Noise Control with Power Scheduling 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) フィードフォワード型能動騒音制御 / feed forward type active noise control  
キーワード(2)(和/英) 適応フィルタ / Adaptive Filter  
キーワード(3)(和/英) パワースケジューリング / Power Scheduling  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 皆木 亮祐 / Ryousuke Minagi / ミナギ リョウスケ
第1著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大槻 和志 / Kazushi Otsuki / オオツキ カズシ
第2著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹岡 直人 / Naoto Sasaoka / ササオカ ナオト
第3著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 良生 / Yoshio Itoh / イトウ ヨシオ
第4著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-29 09:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-EA2015-119,IEICE-SIP2015-168,IEICE-SP2015-147 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.521(EA), no.522(SIP), no.523(SP) 
ページ範囲 pp.293-298 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2016-03-21,IEICE-SIP-2016-03-21,IEICE-SP-2016-03-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会