お知らせ 6月18日(火)18:00~23:00 システムメンテナンスのため学会の全てのサーバが停止いたします.
くわしくはこちらをごらんください.
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-28 10:45
反射光を用いた光マイクロホンにおける観測音声の歪み補正
水野智之若林佑幸福森隆寛中山雅人西浦敬信立命館大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 遠方発話は, セキュリティや監視を目的としたシステムに有用である. また, 遠方発話の観測を目的として様々なマイクロホンが開発されており, パラボラ型マイクロホンやガンマイクロホンなどが挙げられる. しかし, 発話者とマイクロホンの間に遮蔽物が存在する場合, これらのマイクロホンでは音声の観測が困難となる. そこで, 光を用いた振動計測手法に着目する. 発話された音声は窓や紙などの物体に到達し, それらの物体を振動させる. この振動を計測することにより, 音声が取得可能である. 光を用いた音響計測手法を光マイクロホンと定義する. 光マイクロホンは振動による光の変化を計測するため, 物体の影響による歪みが発生する. さらには, 回路内部の雑音や外部振動による雑音などの加算的な歪みの影響を受ける. そこで本稿では, 雑音抑圧とフォルマント強調により音声の歪みを低減する手法を提案する. 評価実験の結果, 提案手法を用いることで光マイクロホンによって, 計測された劣化音声に対して品質を改善できることを確認した. 
(英) It is very important for security and surveillance to obtain the distant-talking speech. However, it is difficult for general microphone to obtain the indoor speech from out of building. We therefore focus on a vibration measurement method with a laser light. When someone speaks or shouts in a building, some objects are vibrated by the speech. The vibration of the object can be measured as the speech. The observed signal is distorted depending on a material of the vibrated object. In addition, the signal is degraded by some noises. The proposed method thus applies the digital signal processing for correcting the distortion.
キーワード (和) 光マイクロホン / 歪み低減 / 雑音抑圧 / フォルマント強調 / スペクトル減算法 / / /  
(英) Optical microphone / Distortion correction / Noise reduction / Formant emphasis / Spectral subtraction / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 522, SIP2015-118, pp. 19-24, 2016年3月.
資料番号 SIP2015-118 
発行日 2016-03-21 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA SP SIP  
開催期間 2016-03-28 - 2016-03-29 
開催地(和) 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza 
開催地(英) Beppu International Convention Center B-ConPlaza 
テーマ(和) 応用/電気音響,音声,信号処理,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Speech, Signal Processing, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2016-03-EA-SIP-SP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 反射光を用いた光マイクロホンにおける観測音声の歪み補正 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Distortion Correction of Observed Speech with Optical Microphone Using Reflected Laser 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光マイクロホン / Optical microphone  
キーワード(2)(和/英) 歪み低減 / Distortion correction  
キーワード(3)(和/英) 雑音抑圧 / Noise reduction  
キーワード(4)(和/英) フォルマント強調 / Formant emphasis  
キーワード(5)(和/英) スペクトル減算法 / Spectral subtraction  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 智之 / Tomoyuki Mizuno / ミズノ トモユキ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 若林 佑幸 / Yukoh Wakabayashi / ワカバヤシ ユウコウ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福森 隆寛 / Takahiro Fukumori / フクモリ タカヒロ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 雅人 / Masato Nakayama / ナカヤマ マサト
第4著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 西浦 敬信 / Takanobu Nishiura / ニシウラ タカノブ
第5著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-28 10:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-EA2015-69,IEICE-SIP2015-118,IEICE-SP2015-97 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.521(EA), no.522(SIP), no.523(SP) 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2016-03-21,IEICE-SIP-2016-03-21,IEICE-SP-2016-03-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会