電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-28 13:15
[ポスター講演]修正零位相信号解析に基づく雑音抑制
田中 章安間悠貴北大)・川村 新阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 信号解析手法の一つとして,零位相信号解析という解析法が提案されている.所与の信号の零位相信号は,当該信号の振幅スペクトルの逆フーリエ変換として定義される.白色雑音やインパルス性雑音の零位相信号は,原点におけるインパルス信号となることが知られており,この知見が零位相信号解析の最も重要な性質である.釜森らは,零位相信号のこの性質を利用し,白色雑音とインパルス雑音の双方が重畳された音声信号に適用可能であるとともに,雑音のパワー等の事前知識を必要としない雑音抑制法を提案しており,非常に有用な雑音抑制法の一つとして認知されている.一方,当該雑音抑制法では,所与の信号を零位相信号に変換する作用素の線形性を仮定しているが,この仮定は一般的には成立しないため,結果として雑音
抑制性能の低下を招く可能性がある.本稿では,当該作用素の線形性が極力成立するよう,観測信号の零位相信号を補正することで,上記,零位相信号解析に基づく雑音抑制法の性能の向上を目指す. 
(英) The zero phase signal analysis is known as one of signal transformations,
by which a given signal is transformed into its zero phase signal, which is defined as the inverse Fourier transform of the amplitude spectrum of the given signal. One of remarkable properties of the zero phase signal analysis is that it converts white or impulse noise to an impulse signal at the origin. On the basis of this property of the zero phase signal analysis, Kamamori et al. proposed an effective noise suppressor. We can suppress the noise in audio signals contaminated by both of white and impulse noises without a priori knowledge, such as the power of the noise, by this method. In this method, the operator, that transforms a given signal into its zero phase signal, is assumed to be linear. However, this assumption does not hold in general, which may result degradation of noise suppression performance. In this paper, we introduce an improved version of this method by correction of the zero phase signal of the observation so that the linearlity of the operator is established as much as possible.
キーワード (和) 雑音抑制 / 零位相信号解析 / 白色雑音 / インパルス雑音 / / / /  
(英) noise suppression / zero phase signal analysis / white noise / impluse noise / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 522, SIP2015-141, pp. 153-157, 2016年3月.
資料番号 SIP2015-141 
発行日 2016-03-21 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA SP SIP  
開催期間 2016-03-28 - 2016-03-29 
開催地(和) 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza 
開催地(英) Beppu International Convention Center B-ConPlaza 
テーマ(和) 応用/電気音響,音声,信号処理,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Speech, Signal Processing, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2016-03-EA-SP-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 修正零位相信号解析に基づく雑音抑制 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Noise Suppression by Modified Zero Phase Signal Analysis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 雑音抑制 / noise suppression  
キーワード(2)(和/英) 零位相信号解析 / zero phase signal analysis  
キーワード(3)(和/英) 白色雑音 / white noise  
キーワード(4)(和/英) インパルス雑音 / impluse noise  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 章 / Akira Tanaka / タナカ アキラ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 安間 悠貴 / Yuki Amma / アンマ ユウキ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 川村 新 / Arata Kawamura / カワムラ アラタ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-28 13:15:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-EA2015-92,IEICE-SIP2015-141,IEICE-SP2015-120 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.521(EA), no.522(SIP), no.523(SP) 
ページ範囲 pp.153-157 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EA-2016-03-21,IEICE-SIP-2016-03-21,IEICE-SP-2016-03-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会