電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-28 13:15
[ポスター講演]可変探索パラメータをもつPSOによる2マイクロホン音源追尾
大宮健太平川真里陶山健仁東京電機大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究は,2マイクロホンによる複数音源追尾手法である.先行研究では,PSO (Particle Swarm Optimization) を用いた手法が提案されている. PSOは, 探索パラメータによって集中化能力と多様化能力を制御可能である. すなわち, 追尾の状況に応じてパラメータ値を設定できれば, 追尾性能の向上が期待できる. 本研究では, 分布当てはめに用いる混合コーシー分布のパラメータを利用して, 可変探索パラメータの設定を試みる.実環境実験より提案法の有効性を示す. 
(英) In this paper, a method for multiple sound source tracking by two microphones is proposed. In our previous work, the method based on PSO (Particle Swarm Optimization) was proposed. In the method, a diversification ability and an intensification ability can be adjusted by search parameters. Adjusting parameter values depending on the tracking situation, it can be expected that a tracking accuracy is improved.Therefore, variable search parameters are introduced based on the mixed Cauchy distribution parameters. The effectiveness of the proposed method is shown by several experimental results.
キーワード (和) マイクロホンアレー / 音源追尾 / PSO / / / / /  
(英) microphone array / sound source tracking / PSO / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 522, SIP2015-137, pp. 129-133, 2016年3月.
資料番号 SIP2015-137 
発行日 2016-03-21 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA SP SIP  
開催期間 2016-03-28 - 2016-03-29 
開催地(和) 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza 
開催地(英) Beppu International Convention Center B-ConPlaza 
テーマ(和) 応用/電気音響,音声,信号処理,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Speech, Signal Processing, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2016-03-EA-SIP-SP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 可変探索パラメータをもつPSOによる2マイクロホン音源追尾 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Sound Source Tracking via Two Microphones Using PSO with Variable Search Parameters 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マイクロホンアレー / microphone array  
キーワード(2)(和/英) 音源追尾 / sound source tracking  
キーワード(3)(和/英) PSO / PSO  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大宮 健太 / Kenta Omiya / オオミヤ ケンタ
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 平川 真里 / Masato Hirakawa / ヒラカワ マサト
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 陶山 健仁 / Kenji Suyama / スヤマ ケンジ
第3著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-28 13:15:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-EA2015-88,IEICE-SIP2015-137,IEICE-SP2015-116 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.521(EA), no.522(SIP), no.523(SP) 
ページ範囲 pp.129-133 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EA-2016-03-21,IEICE-SIP-2016-03-21,IEICE-SP-2016-03-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会