電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-28 13:15
[ポスター講演]過去の入力信号およびフィルタ係数を利用した適応フィルタの制御法
粟野智治矢野敦仁石井 純三菱電機
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) エコーキャンセラに用いられる適応フィルタは,ダブルトーク中にエコーパス
推定(学習)を行うことで,エコー消去性能が劣化する問題があり,
ダブルトーク中は適応フィルタの学習を止める必要がある.
従来法として,常時学習を行うバックグラウンド(BG)
フィルタ,BGフィルタのフィルタ係数を徐々に反映するフォアグラウンド(FG)
フィルタの2フィルタ構成とし,FGフィルタを用いてエコーを消去する手法が
あるが,適応フィルタの収束が遅くなる問題と,ダブルトーク中に誤学習を
完全に防止できず,エコー消去性能は劣化する問題があった.
本稿では,適応フィルタの更新前後のエコー消去量を比較し,
エコー消去量が多いフィルタ係数を選択する制御法を提案する.
また,提案法に対しシミュレーション評価を行い,
提案法は従来法に対してエコー消去性能が改善されることを示す. 
(英) Double talk situation makes an adaptive filter mistake the estimation
of an echo pass (a transfer function) and the performance get much lower.
Therefore, during double talk, the learning of the adaptive filters
should be stopped.
Echo canceller with two filters is an example of conventional method
to solve this problem. One filter called BackGround(BG) filter always
learn the echo passes even during double talk, and the other filter called
ForeGround(FG) filter gradually gets coefficients of the BG filter in
order to avoid sudden changes of coefficients.
Echo is reduced by FG filter, so the
mismatch is low. However, this method has slow convergence.
We proposed a new control method of adaptive filters by objecting
echo return loss (ERL). In our proposed method one filter which has
larger ERL value is selected.
We also conducted the some simulations and
showed our proposal results are better than conventional methods.
キーワード (和) エコーキャンセラ / 適応フィルタ / ダブルトーク / / / / /  
(英) Echo Canceller / Adaptive Filter / Double Talk / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 522, SIP2015-145, pp. 175-178, 2016年3月.
資料番号 SIP2015-145 
発行日 2016-03-21 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA SP SIP  
開催期間 2016-03-28 - 2016-03-29 
開催地(和) 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza 
開催地(英) Beppu International Convention Center B-ConPlaza 
テーマ(和) 応用/電気音響,音声,信号処理,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Speech, Signal Processing, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2016-03-EA-SP-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 過去の入力信号およびフィルタ係数を利用した適応フィルタの制御法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Control Method of Adaptive Filters Using Past Input Signals and Filter Coefficients 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) エコーキャンセラ / Echo Canceller  
キーワード(2)(和/英) 適応フィルタ / Adaptive Filter  
キーワード(3)(和/英) ダブルトーク / Double Talk  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 粟野 智治 / Tomoahru Awano / アワノ トモハル
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢野 敦仁 / Atsuyoshi Yano / ヤノ アツヨシ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 純 / Jun Ishii / イシイ ジュン
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-28 13:15:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-EA2015-96,IEICE-SIP2015-145,IEICE-SP2015-124 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.521(EA), no.522(SIP), no.523(SP) 
ページ範囲 pp.175-178 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EA-2016-03-21,IEICE-SIP-2016-03-21,IEICE-SP-2016-03-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会